[ダイエット]ダイエットの極意:これしかない

以前、マイ弁当生活をご紹介しました。

その後、体重がさらに減ってます。

 

 

 

どんだけ体重が減っているのか

 

 

なぜ減っているのか、理由をご説明する前に、どんだけ減り続けているのかを書いときます。

 

マイ弁当が始まったのが4月2日。その時点で、76kg。

 

  • 1週間後にマイナス1kg。
  • 3週間後にマイナス1.8kg。
  • 4週間後はマイナス2.3kg。
  • そして6週間後の現在、マイナス3.2kg。

 

1.5ヵ月で3.2kgが減りました。

 

この数字が、どんだけすごいのかはピンときません。

方法によっては、もっと減るでしょう。

 

でも、私の場合、無理はしてません。

三日坊主だし、怠け者なのは職場の上司や同僚に折り紙付き。

なぜ、減っているのか。

 

 

 

ダイエットに一番効くのはめんどくさがり屋と金欠病

 

 

そんな私がダイエットに成功しているその秘訣。それは、

めんどくさがり屋金欠病(笑)です。

 

 

1.パーッと、お金を使っちゃう

 

最初に、手持ちのお金、飲食以外にパーッと使っちゃいましょう(笑)。

明日から、食べるものに困るくらいに。これがミソ。

でも、その前に、お米と冷凍食品、野菜少々は買っておきます。

 

 

2.弁当生活を始める

 

お金がなくなっちゃうので、猛烈に生活費を落とさないといけない事態に陥ります。これが最高の環境設定。

毎日、ランチに500円とか、1,000円とか費やしている貴方、もうそんなお金はありません。だから、自分で弁当を作って持っていく。

弁当なんて簡単。

 

  • ご飯を炊く(少し贅沢するなら、ふりかけも)
  • あらかじめゆでておいた野菜(ブロッコリーとかカリフラワーとか)
  • プチトマト
  • 常温解凍可の冷凍食品のおかず

 

これらを弁当箱にぶっこみ、野菜にマヨネーズをチュルッ、それで終了。

もっと手を抜きたいなら、ご飯は週末にまとめて炊いておいて、小分けにして冷凍しておく。そしたら、朝、それをチンするだけ。

 

ランチを変えるだけで、無駄に太った体重はみるみる減っていきます。でも、キモはここから。

 

 

3.自然と、食べ物にこだわりがなくなる

 

マイ弁当生活で変わるのが「食べ物にこだわりがなくなる」こと。

昼食に限らず、他の食事も含めて、食べること全体に対し、意識が変わっていきます。

 

もちろん、栄養とか必要なこだわりもあるんだけど、ここでなくなってくれる無駄な「こだわり」とは、“贅沢に、満腹になるまでしっかり食べたい”という食欲のこと。平たく言えば、

 

  • たくさん食べなくていいや→腹八分目の方がいい
  • 贅沢せんでもいい→味付けはどうでもいい、無駄な調味料はむしろ邪魔
  • 肉、脂身なんてもってのほか

 

こんなふうに、飲食に対する意識の変化、さらには食事を通して見た自分の生活全体にも考え方が変わっていきます。

信じられませんか。大丈夫、私のような人間が変わりましたから。(私は宗教家ではありませんから、ご安心をw)

 

そして、自分でも気づいていなかった、自分自身の食生活の贅肉が落ちていき、それに連動して体重も落ちていきます。

 

 

人間は無駄に太らないようにできている

 

病気や障害は別にして、人間は普通に生活していれば太らないようにできています。

生きていくための活動、仕事や掃除、洗濯、食事の準備・・・。いずれもそれなりのカロリーを消費していることは皆さんもご承知。

いつの間にか、これらの原始的なカロリーの消費活動を、人間はやらなくなっている。

お金を出して食事をし、掃除はロボットに任せ、乾燥機のおかげで洗濯物を干すことも省略。買い物も配達サービスを使い、最低必要な移動も便利な乗り物。

 

私自身がそうでしたからえらそうに言うつもりはないですけど、いざ自分がマイ弁当生活を始めたら、こんなことが見えてくるし、感じてくる。

 

 

 

最終的には貧乏生活が全ての特効薬

 

 

繰り返します、障害や病気は別です。

それら以外を除外すれば、肥満は不要な要素(まさにこれこそ「贅肉」)を持っているがための、当然なる帰結。

それを、お金をパーッと使っちゃうことで(笑)排除しようとする、このダイエット生活。

 

これらの最大の効果は、自分の生活自体を見つめなおすことになるし、自然とシンプルになること。

そうなってしまえばしめたもの。一時のダイエットだけではなく、生活全体の見直し、シンプルな生活が目に見えてきます。

 

少々乱暴な表現もありましたが、私自身の体験をもとに、本音中心でご紹介してきました。

このブログの読者の皆さんは「まずは、明日から食べるものに困るくらい、お金を浪費しちゃう」なんて馬鹿げたことは必要のない、自分の意識をしっかり持っていくことができる方々だと思います。なので、お金の浪費は私の失言ととらえていただき、まずはマイ弁当生活からスタートしていただければと思います。

 

※めっさ簡単な弁当の作り方でした。これは、ダイエットが無関係な人でも、ぜひ一回作ってみてください。お昼の印象がガラッと変わって、新鮮なお昼休みが過ごせると思いますよ。