[女性が輝く社会は難しい?]:同じ日に2人の閣僚が辞任

看板だったはずです、それなりに。

改造内閣の目玉、「女性が輝く社会」のシンボルだったはずの2人。

小渕優子前経済産業大臣と松島みどり前法務大臣。

でも、どっちもどっちな感じがします。

 

 

 

古い政治家を「いつの間にか引きずっていた」小渕さん

 

 

クリーンなイメージだった小渕さん。父親(小渕恵三 元首相)の急死で地盤を引き継ぎ、担ぎあげられて政治家になった(という印象の)小渕さんでしたが、本人の知らぬ間に、旧式の政治、ダーティーな資金運営が行われていたということなんでしょう。

「私は知らなかった」発言は、きっと本当なんでしょうね。

全くの直感的な印象ですが、きっぱりと「無知だった」「(第三者を入れて)調べさせる」と言い切ったのは、むしろ悪い印象はなかったです。

 

 

後任の宮澤洋一大臣。名前と顔から想像されるとおり、宮澤喜一元首相の甥っ子。その他、きらびやかな人物が先祖や周囲にたくさんいるみたいです。

肩書もすごい。東大、ハーバード大学など。

その割には、昨日の報道ではなったインタビュー「よくわからないので、ちゃんと聞いて勉強します」という主旨の発言。なんとも弱々しい、これで大丈夫か、という様子でした。

 

★追記★2014.10.23

やっちゃいました。自分が行ったことのないSMバーにも活動費が支出されるらしいです。

 

 

 

「うちわ」「赤いストール」問題の松島さん

 

 

「うちわ」だけじゃなく、「赤いストール」問題もありましたよ、この人。風貌からしても、失礼ながらなんかやらしそうな不安を持ってました。

そして、辞任という帰結。辞めた後も「うちわに法違反の認識はない」との開き直り。言ってみれば、小渕優子さんの対応と大きく異なる印象です。