Apple教信者もAppleにがっかりすることはある:Apple Watchについて

2014年9月13日

SIMフリースマホに乗り換えたので、「Apple教信者」を名乗りにくくなったまくでじです。

 

新商品が発表されました。

iPhone6とApple Watch(事前に噂されていた「iWatch」ではありませんでした)。

 

 

 

iPhone6

 

 

今回で6代目となるiPhone。

もう、これ以上発展することがなさそうに思えるほど成熟したガジェットだと思います。

スペック的には他メーカーのものが上回っているものもあるようですが、OSと純粋にチューニングされたiPhoneは、まだしばらくはスマートフォンのトップであり続けるでしょう。

 

今回のiPhone6は、画面サイズが大きくなりました。

しかも2種類。4.7インチと5.5インチ。

 

足並みを揃えて進化するiOS8と組み合わせて、順当な進化という印象。

 

 

 

Apple Watch

 

 

そして、ついにスマートウォッチ業界の本命登場。Apple Watch。

 

Apple Watch
Apple Watch

 

さすがApple、後発として他を圧倒する製品を出してくれました、と言いたかったのですが・・・。

 

 

Apple Watch。

ウェアラブルデバイスとしては、Apple初の製品。

んー、どうなんでしょうか。

 

Appleをもってしても、スマートウォッチってすげえガジェットだぜ!と思わせることができなかった。

と私は感じました。

 

腕時計のサイズのガジェットにやれることには限界?

 

腕に着けるガジェットに求める機能って、もっと他にあるのではないか、と思うのですが。みなさんはどんな印象でしょうか。