俺でもできた:OSXの再インストール

Macが調子悪くなった時に、初期化をするのが有効な策の一つです。

 

  • メールソフトがうまく動作しない
  • OS全体の処理が鈍くなった
  • 不要なファイルがたまってきた
  • ディスクの空き容量が少なくなった

 

などなどの現象が起きた際の対処として、初期化が最も有効です。

 

 

MacのOSが、DVDやUSBメモリといった物理メディアで提供されないようになりました。

インストールはネットから。アップデートもネットから、が基本なので、メディアは不要なのです。

 

しかし、こういう場合、初期化が難しくなります。

メディアがあれば、「option」キーを押しながら起動して、そのメディアを選択して、OSを再インストールすることで簡単に初期化できるのですが、ネットの場合はテクニックが必要です。

そんなわけで、メディアが無い場合の、OS再インストールのやり方をご紹介します。

 

 

OSX復元ディスクアシスタントをダウンロードする

 

0.バックアップを取ります。(以下の処理をすると、Macが全て消去されますので、必要なファイルはバックアップしておく必要があります。)

1.USBメモリを用意し、Macに挿します。(1GB程度の空きがあればいいみたいです)

2.こちらから、OSX復元ディスクアシスタントをダウンロードします。

3.ダウンロードしたファイルをダブルクリックして解凍します。

4.解凍された「復旧ディスクアシスタント」(下図参照)のアイコンをダブルクリックして起動し、インストール先をUSBメモリに指定し、インストールします。

Recovery

完了したら、OSのダウンロード、インストールです。

 

 

OSのインストール

 

4まで終了したら、以下の処理をします。

5.Macを再起動します。

6.すぐにoptionキーを押します。すると、↓こんな感じの画面になりますので、復元ディスクアシスタントをインストールしたUSBメモリを選択します。

Apple 12

7.上の画像で下部にあるプルダウンメニューから、Wi-Fiなどのインターネットに接続します。

8.OSのダウンロードが始まります。光回線でしたら、数十分〜1時間程度でOSがダウンロードされます。

9.ダウンロードが完了したら、インストール先の指定が促されますので、Mac本体のディスクを指定してインストールします。

 

 

これで完了です。

 

Apple IDや、メールアカウント等などの初期設定をすれば、見違えるほど元気になったMacに再会できますよ。

 

バックアップしたファイルからの復元も可能ですが、ディスクの状態が昔に戻ってしまうので、リフレッシュされるとは限らないということになります。

なので、おすすめは、面倒ですが初期設定をやりなおして、新しいOSX環境をゲットしてください。