中水の活用は、先送り

2017年3月19日

これまで2社に見積を依頼していましたが、1社に決定しました。

 

 

当座、D社としておきます。

そのD社と、昨日、レイアウトの打ち合わせ。

その中で、前回ご紹介した中水利用については、見送ることにしました。

理由としては、中水の用途が、トイレの洗浄水程度しかなく、節水の割にはイニシャルコストが高いこと。

同社も、正直に、まだ入れるタイミングではないと思います、と我々の目線で話をしてくれました。

というわけで、とりあえずは雨水タンクを設置することにしました。