WiMAXが気になるなら、寄っといで。UQ WiMAX、はじめました

過去に何度も裏切られてきた、WiMAX。

再びはじめました。

で、今回は好感触。

WiMAXを検討している方、読んでみてください。

 

 

1.過去のWiMAXネタ

 

このブログの、過去のWiMAX関連記事です。

 

一番新しい記事で2016年なので、読む必要はないです。




 

2.WiMAXを契約するに至る私のネット環境

 

私が今回WiMAXの契約をするに至った経緯を軽く書いておきます。

 

(1)ネット環境

スマホ:ワイユーモバイル。3GB/月、1,690円。

固定回線:フレッツ、200MB/月。

 

(2)足りるか否か

私は普通のサラリーパーソン。

企業に雇われている社会人です。

 

会社にいれば会社が貸与するパソコン(Windows)を使用できます。

でも、昔からパソコンが好きなので、そのパソコンとは別に自分用のパソコン(Mac)を持ち、仕事が終わったら、あるいは休日にブログを書いたり、写真をレタッチしたり動画を編集したりしています。

Macの利用時は、自宅の固定回線か、外出先でネットに接続します。

 

自宅では、家族もパソコンやスマホを使っているため、遅いです。

なので、外でパソコンを使うことが、多分普通の人より多い。

スマホの3GBではとても足りない。(ワイユーモバイルに低速度モードがあったらもっとセーブできるのですが)

自宅でのWi-Fiも、遅い。

 

なので、スマホ、フレッツとは別にネットのインフラが必要でした。

 

 

3.WiMAX以外の検討

 

WiMAXにガッカリしてきた過去を持つ私としては、WiMAX以外を優先に選択肢を考えてきました。

 

(1)ドコモ、au、ソフトバンクのWi-Fiルーター

5G環境も想定して契約するとなると、高い。

4G(LTE)だけならまだいいのかもしれないけど、5G環境になっていく時期が近未来である状況で契約を開始すると中途解約のコストもかかるし。

有効な選択肢にはなりえない。

 

(2)楽天モバイル

月額 2,980円/月で、5Gでも追加料金無し、楽天エリア内ならつなぎ放題というのは非常に魅力。

ただ、やっぱり楽天のインフラは貧弱。

楽天エリア内であっても、室内(奥まったところなど)では楽天回線をつかめなかったりすることが頻出。

 

看板どおりであれば最高の選択肢なんですが・・・。

 

 

4.さて、WiMAX

 

消去法で残ったWiMAX。

 

月額料金はまあまあ。

5Gとは無関係だけど、用途(屋外でのブログ等、自宅で光回線を使わないで快適なネット環境)を考えたら十分。

契約期間の縛りも無い。

一番の不安要素は、WiMAX(正確にはWiMAX 2+)のエリアかどうか、ということ。

 

UQ WiMAXのウェブサイトで調べると、自宅や周辺(自分のふだんの行動範囲)はエリア内。

ただし、そのサイトが分かりづらい。

地図ではエリア内にはいっているからわざわざ別に書かなくてもいいのに、

「福岡県のここでも使えるWiMAX 2+」

という説明で太宰府天満宮、福岡ヤフオクドーム(ペイペイドーム)などのスポットでも使えますよ、と紹介されてる。えっ、地図ではエリア内なのに使えないってこと?

 

リアル店舗で店員に聞いても、「地図で示されていても、必ず使えるとは言えない」とおっしゃる。

 

で、Try WiMAXを申し込む。

WiMAX端末を無料で2週間貸してくれるサービス。

ほんとに使えるのかどうか、わかります。

その結果、まあまあな結果が得られた。

で、契約することにしました。

 

 

5.室内でも使える

 

昔の体験では、室内でもちょっと奥にいけばつながりませんでした。

が、今回の場合、端末を窓際に置けばアンテナは3〜4本(最高4本)は立つ。

 

WiMAXが難しければ4G(LTE)が使えます。

4Gが使えるのは昔からですが、月間で使える上限7GBで十分足ります、私には。

 

契約から約1ヵ月。

3日間で10GBという制限にも引っかからず、快適に使えてます。

オススメです。

 

5Gが当たり前の世界になり、楽天が引き続き安ければ乗り換えるかもしれないし、3大キャリアが値下げしたプランが質(回線の質)・量(価格がリーズナブル)ともに問題なければそちらに乗り換えるかも。

当分はWiMAXでオッケー。

 

 

 



おすすめの記事