旧ブログ名「Mac,iOS,WordPress,,エトセトラ」。Appleが好きなフツーのサラリーパーソンの日常。

生きるのが下手な人が書くブログ

ビール

イッキ飲みはダメ、ぜったい

投稿日:2018年3月31日 更新日:

坊主さん(@bozu_108)がTwitterでお題を出し、多くの方がこたえる大喜利が面白いですね。

つい最近のお題、「大学の飲み会で気をつけておいた方がいいこと選手権」の入選作は以下のとおり。

 

大喜利なので、面白おかしい回答が上位にはいるのが常ですが、

ポイント

マジレスするけど一気飲み
ほんとに危険だから気をつけろ

これが入選したのは良かった。

 

イッキ飲みは本当に危ないです。

飲めない人、あまり飲めない人はもちろん、「俺は酒豪だ!」と言う人もイッキ飲みは危ないです。

 

アルコール依存症治療、あるいはアルコール問題に対して著名な久里浜医療センターのサイトでも、イッキ飲みについて触れています。

 

ポイント

大学生の急性アルコール中毒死が社会問題になっています。アルコール薬物問題全国市民協会・イッキ飲み連絡防止協議会の調べによると、1986年以来に少なくとも90人以上の若い命が急性アルコール中毒で失われています。

 

一気にアルコールが大量に体内にはいると、アルコールの消化が追いつかず、中毒症状(嘔吐、脱水、歩行困難、血圧低下、呼吸数低下、低体温などです。昏睡や死に至ることも)が起きます。

これは、酒豪でも誰でもです。

 

花見、新入社員歓迎会など、春は飲み会の季節です。

特に学生が社会人になると、はじめて飲酒の機会に触れる、あるいは学生時代はさほど飲まなかったお酒も飲む機会が増える、そんな状況になるでしょう。

大学でも、新入生歓迎コンパなどでお酒未経験の新入生を飲ませる機会もあるでしょう。

 

彼ら彼女らを迎える人生の先輩方は、イッキ飲みは絶対にやらせてはいけません。

アルコールハラスメントであり、体調を悪くさせる、あるいは死に至らしめるとなるとに問われることもあります。

 

新入生、あるいは新社会人も、強要されても拒否すればいいです。

拒否して「入社を取り消されるのではないか」と恐れることはありません。

むしろ、イッキ飲みを強要する先輩たちのいる会社にいても、もしかしたら幸せじゃないかもしれません。

仕事への高いハードルは我慢して努力して乗り越えなければいけませんが、お酒の強要にはガマンする必要はありません。

ことは、自分の身体に影響することです。

 

それと、先輩からビールを注がれる、「ほら、飲もうよ」とビール瓶からコップにビールを注いでもらえる。

そんなときも、「あ、飲み干さなきゃ!」なんて思わなくていいから。

強要されても拒否する。忖度も、しなくてもいいからね。

自分のペースで飲むのがいい。

 

 

繰り返します。

お酒の強要、イッキ飲みはご法度。絶対やってはいけない、やらせてはいけない。

 

 

Ad




-ビール

Copyright© 生きるのが下手な人が書くブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.