パソコンのエコ的利用方法 コンセントにつなぎっぱなしがいいのか否か

エコ
日産リーフ

ワットメーターを使用して、パソコンのエコ的な利用方法の消費電力を確認してみました。
巷間言われている利用方法、が本当に消費電力低下に役立っているのか、ということです。

具体的には、ノートパソコンを、

 

A.常時コンセントにつないでいる時

と、

 

B.バッテリーが残っている間はコンセントにつながず、バッテリーがなくなってきたらコンセントにつなぐ

という方法です。

 

以下が、測定の結果です。いずれも、時間は、9時から18時までです。

Bにおいては、一度17%程度までバッテリーが無くなりましたので、そこからつないで、最終的には100%まで回復した、というエンディングでした。

 

A.0.3円/時、結果3円。0.15kWh、0.08kg-CO2。
B.0.2円/時、結果1円。0.08kWh、0.04kg-CO2。

 

ご覧のとおり、Bの方が圧倒的に消費電力が少ないことがわかります。排出する二酸化炭素も含め、約半分というところでしょう。費用も安い。

面白いのは、1時間あたりの消費電力もBの方が低いということです。

 

あくまで、私の持っているワットメーターで、私のパソコン(レノボのThinkPad)の場合、ということです。全てのケースでこれらが当てはまる、ということではないので、参考までに。

 

 

以下は、私が測定に使用したワットメーターではございませんが、同等の機能を持っていると思われます。

(私の使用したワットメーターは、現在は販売されていないようです。)

created by Rinker
リーベックス(Revex)
¥1,500 (2021/10/19 20:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました