新しいOS X エルカピタンはどこまで進化しているか(日本語IM編)

WWDC2015で発表された新OS X、El Capitan。

日本語IM(インプットメソッド)が飛躍的に機能アップしているらしい。


というので、この記事は、可能な限りEl Capitanの日本語IMで書いてみました。

 

 

 

MacのIMはこれまで「ことえり」という名称でした。言葉を選ぶ、ことえりが語源だそうです。

が、ことえりの無能ぶりはMacユーザーの誰もが知る事実。で、新しいIMに期待したわけです、が。

 

 

あまり進化は感じられませんでしたよ。たとえば、‘IM‘と入力するのに、Google日本語入力では、入力モードの変更無しに、英数字への「shift」キーを押しながら「I」と「M」押せばよかったのだが、同じ動作を新OSでやると「イM」となります。んー。

同じく、‘Mac‘も、「Mあc」です。もちろん、英数字入力モードに切り替えたら問題ないんですけどね。

 

 

 

 

ただ、変換候補は悪くないです。

ヤマザキデイリーストアはいけました。セブンイレブンも大丈夫。Ingressは、Googleでもできなかったのにいけましたよ。

「グーグルな雨」(Google Now)はご愛嬌。集団的自衛権はいけました。

安倍政権、尖閣諸島、一番搾り、スーパードライ、わさビーフ、汁無し担々麺、スギちゃん、日本エレキテル連合、ハリルホジッチ。これらもいけましたよ。

 

マップスと同じく、これからどんだけ進化してくれるか、ですかね。