旧ブログ名「Mac,iOS,WordPress,,エトセトラ」。Appleが好きなフツーのサラリーパーソンの日常。

生きるのが下手な人が書くブログ

メディア

2008 M-1 ダイアンの高評価という私なりの印象を書かせて

投稿日:2009年1月1日 更新日:

場違いですが、好きなネタだし、1年に1回なので、書かせてください。

 

 

2008 M-1グランプリ、NON STYLEが優勝しました。

いろいろな評価がなされていますが、私なりの感想を。

 

事前の予想では、

 

  1. 決戦進出8組、消去法で選んだのかなあ。本命と思える組がいない、レベルが低そう
  2. 笑い飯、キングコングはダメだろうなあ
  3. 最終決戦進出、ナイツあたりが来るんじゃないかなあ
  4. 敗者復活あたりも来るかも

 

 

などと思ってました。

本戦を見て、1はいい意味で期待はずれでした。
ダイアンがよかったし、U字工事などもよかったです。

ナイツが最終決戦進出したのは予想どおり。
浅草で鍛えられた彼ら、動じず、かみもせず、いい仕事してたと思いました。
ボケだけではなく、ツッコミにも面白さを感じさせるのはよかったです。

オードリーは、春日(ボケの方)がああいうキャラなので、緊張しなくてもよかったのが功を奏したのか、敗者復活でものびのびやれていたようでした。

NON STYLEは、速射砲のようなボケ・ツッコミが炸裂し、笑いの数が多かったですね。
その量、勢いがよかったのでしょう。

 

島田紳助の「オレの中では圧勝」というのは大げさだと思いますが、M−1ではあのようなスタイルが受けるんでしょうね。

 

私としては、ダイアンが最も好きでした。

去年のキングコング、今年のNON STYLEのような、ボケ・ツッコミが炸裂するスタイルは、私にはあまり面白くありません。

ダイアンの方が、間をうまく使って、ダイナミックな漫才をしていたように思えました。何回も同じフレーズを繰り返し繰り返しひっぱって、トンと展開する。まるで、ベートーヴェンのバイオリン協奏曲みたいな。

でも、4分という限られた時間でやるには、点数をかせげないんでしょうねえ。

松本が、「冒頭、まだエンジンがかかってなかった」みたいな評価をしてましたが、最初からエンジンがかかる漫才は、私には苦手です。

 

 

今年のM−1、私にとって盛り上がった影の立役者は、ダイアン。

事前の印象、下馬評からは低いレベルと言われていて、私も大丈夫かな? と思ってましたが、結果は、高レベルの戦い。

その立役者は、ダイナミックなしゃべくり漫才で口火をきったダイアンではないか、と。

現役漫才師の中で、ダイアンはトップクラスで好きです。

 

 

漫才について書いた記事、まとめてます。

漫才は面白い、愛すべき漫才 まとめ

漫才は面白い。   マニアじゃないけど、漫才にはいろいろな思いを持ってまして、過去にも記事をいくつか書いてます。今50代の私が書いた記事をまとめました。     引退した ...

続きを見る

 

 







-メディア
-

Copyright© 生きるのが下手な人が書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.