バッテリーは家電量販店で買ってはいけない

バッテリーを購入しようと考えているあなた、ヤ●ダとかコジ●といった家電量販店で買ってはいけません。

なぜか?

その理由を、私の経験とともにご紹介します。

 

 

理由其の一

 

量販店で販売されているのは、容量が少なかったり、性能があまり良くなかったりします。

500mAhとか1,000mAhとか。これではスマホを充電するというよりは、緊急避難のレベルの容量しかない。(容量が無くなったので、帰宅するまでを間に合わせるとか)

ざっくり言って、1000mAhがだいたい1,000円くらいという価格設定ですが、高い。後に紹介するすぐれものバッテリーは、容量が十分で、しかもリーズナブル。

 

それと、量販店で販売されている国内メーカーのバッテリーは、そんなに性能がよくない。

某大手メーカーの製品でも、高い割には長持ちしないんですよね。

あの、「翁」と呼ばれる人が起業した日本の電器メーカーが買収した「エ●ループ」は、バッテリーのブランドを築きましたが、出力の安定性とか長持ちといった点では劣ります。もちろん、買収したメーカー引き続き製造しているバッテリーももちろんです。

 

パナ●ニックには限りませんのです。

 

 

理由其の二

 

Amazonでは、大容量でリーズナブル、性能もしっかりしている製品が販売されています。

ずっと愛用しているcheeroや、今回購入したANKER(以下にご紹介)など、容量と価格からしたら、激しいコスパなんです。

しかも、寿命も長いんですよね。上掲した国産のバッテリーは、早々に充電の能力がへたりました。満充電してもスペックどおりの充電をしてくれなくなり、果ては、バッテリーそのものの充電もうまくいかなくなり。

ところが、同時期に使い始めたcheeroは、未だに現役。

この差は何なんだろう。

 

 

理由其の三

 

今回購入したANKERをご紹介しますね。

anker1 anker2 anker3 anker4

今回購入したモデルは、ANKER 13000mAhという大容量(iPhoneだと5〜6回はいけます)。それなのに、4,000円もしない価格。

 

それと、私にとってはありがたかったAmazon限定セット。電源アダプタ(ANKERにUSBで充電するもの。ANKERに限らず、その他USBで充電するものに使えます)がセットになっていること。

ちょうどタイミングよく(?)、持っていた電源アダプタが不調だったので、安くセットで購入できて大満足です。

 

 

結論

 

バッテリーはAmazonで買いましょう。

ANKERでもよし、cheeroでもよし。

容量、価格、性能が安定して高いレベルのものが買えます。

 

私、いずれのメーカーの回し者でもありません。

 

 

【追記】2016/08/05

先日、ビッ●カメラに行ったら、ANKERを販売してました。