メディア

メディア

吉沢亮 半沢直樹2020、印象的だった現実世界とのオーバーラップ

「半沢直樹」2020年版が終わりました。 世間は半沢ロス、私もです。 現実社会とオーバーラップすることも多く、話題になっています。 私にとっては、現実社会との関わり、これから始まる、楽しみにしている戦いがあります。...
ヘルスケア

めまいに悩む人にとって史上最適な映画かもしれない「ラストミッション」

めまいに悩むあなた、この映画で少し楽になるかも。 ケビン・コスナー主演「ラストミッション」
メディア

漫才は面白い、愛すべき漫才 まとめ

漫才は面白い。 マニアじゃないけど、漫才にはいろいろな思いを持ってまして、過去にも記事をいくつか書いてます。今50代の私が書いた記事をまとめました。 漫才の至宝「Wヤング」 引退した方たちも含め、私が最も好きな漫才師は...
メディア

テレビ番組のタレントの発言がそのままニュースになる現代をなげく

タイトルどおりなのですが。 ヤフー・ニュースを見ていると、「芸能人、タレントが○○と発言した」的なニュースが増えている感じがします。(たとえば、以下のリンク先) 正確には、ニュースというより、ヤフーが、提携し...
メディア

DeNAで問題になったパクリ、キュレーションメディアの現場を見てしまったよ

DeNAがずさんさを指摘され、炎上した話題。 この話題が問題になった要素の1つは、決してDeNAだけではなく、サイバーエージェント他、多くのメディアにも存在する現実でありますね。 今さら、2つの記事を比較して「似てる」「...
メディア

成宮寛貴とASKA他への世間の反応の違いに違和感

このたびの俳優、成宮寛貴氏の芸能界引退、クスリをやっていたんじゃないか報道と、ASKA氏・清原和博氏・酒井法子氏らその他の人たちについて。 純粋に感じるのは、世間の反応が違うなあ、と。 もちろん、後者のみなさんは違法が判...
メディア

道傳愛子学

NHKにしてはかわいい女子アナだなあ、とずっと好きだった道傳愛子さん。 ※「どうでんあいこ」と読みます。 今では解説委員です。 解説委員といえば、ニュース番組などで視聴者にわ...
ヘルスケア

長谷川炎上噺:誰かさんに文句たれる前に、さぞかし自分の健康は保とうと努力してるんでしょうね

いまや無職らしい、かわいそうな長谷川某元アナ。 自業自得とは思ってます。だって、「殺せ」と書いちゃったんだから。 書くのとしゃべるのとは違う、と思ってるだろうけど、お前さんの仕事を考慮したら、どっちだておんなじでしょ、とツッコみたくなり...
メディア

この映画を観たこと無いあなたがうらやましい:ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」という映画を知らない方はぜひ読んでください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「あなたがうらやましい」という...
メディア

ゲス川谷の離婚とベッキーの復帰に驚いた

ゲスの極み乙女。の川谷絵音が離婚しました。 ※この記事では、人の名前を呼び捨てにさせていただきます。ご了承ください。ゲス川谷氏とかベッキー氏とか文枝氏とか、ちょっと調子外れになってしまうので。 ゲス川谷が離婚したからこの記事を書...
メディア

渡辺蘭ロスな毎日:渡辺蘭学 → NHKに復帰!

渡辺蘭さんが、NHKの朝の天気予報から消えちゃいました。 // ↓NHKのブログでは「離任のご挨拶」と題して、卒業するとのコメントを書いてらっしゃいます。 いつかこの日が来ると覚悟はしていたも...
SONY

ビデオテープ300本、捨てたった!

「え、今頃?」という声も聞こえてきそうな、ビデオテープ廃棄のご報告です。 1.捨てたビデオテープたち 私のビデオテープ・ビデオデッキとの歴史に少々お付き合いください。 ...
メディア

小澤さん、サイトウ・キネン、グラミー賞受賞に他人だけど自分のことのようにうれしい!

小澤征爾さん、サイトウ・キネン・オーケストラ。 グラミー賞受賞おめでとうございます。 斎藤秀雄さんに習ったこともないし、そもそも楽器を習っていたことないし(義務教育の間の音楽の授業だけ)、サイトウ・キネン・オーケストラに親戚がい...
メディア

それでも俺はミスチルを愛する:桜井とゲス川谷の共通点

ボーカル、川谷絵音くんの不倫問題で、「ゲスの極み乙女。」を嫌いになった人も多いだろうね。 // 不祥事から嫌いになる芸能人 私も、ご多分に漏れず、不祥事を起こした芸能人、タレント、アーティ...
メディア

ベッキーでゲス・・・アフォなふたりたち

年も早うからやってくれましたね。ベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音(以下、ゲス川谷)。滅多に芸能ネタは書かないのですが、ツッコミどころ満載の話題なので、書きます。 // まず最初に、私は週刊文春そのものは読んで...
タイトルとURLをコピーしました