キリンとアサヒじゃなかったのか

  • 2009年7月13日
  • 2014年7月27日
  • ビール

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/4356000/7f12fc2e9fde07f0501a028c8c30debd.js

一時期は、キリンとアサヒが統合でもしない限り生き残れない、とまで噂されていたほどだったので、キリンとサントリーだったら驚くほどでもない。
それくらい、食品業界も世界的に厳しい状況。

 

現在、世界No.1のビールメーカーは、アンハイザー・ブッシュ・インベブという、これまた合併によって大きくなった会社。
売上は3兆数千億。

そこにようやくキリン・サントリーも肩を並べるということ。
これまで両社は、缶の技術を共有したり、共同配送(サッポロとも。一部地域にて)などやってきている実績があるので、壁は低いだろう。

 

ただ、上場と非上場、関東生まれと関西生まれという違いがあるので、それなりに超えるべきハードルはあるだろう。
それでも、アサヒやサッポロの脅威になるのは間違いない。