ジョブズと吉本隆明の共通項:宇田亮一さんの本に興奮してます

 

「吉本」と言っても、吉本興業じゃないですよ。

 

吉本隆明
吉本隆明

 

 

宇田亮一さんの「吉本隆明 “心”から読み解く思想」を読み始めました。

宇田さんの著作は3冊目だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ読んでいる途中なのですが、すぐにでもお伝えしたいことがあり、この記事を書いてます。

というのも、吉本隆明とスティーブ・ジョブズに共通項が感じられたからです。

 

吉本隆明は「地の巨人」と言われた思想家、一方でスティーブ・ジョブズはAppleを創業し、MacやiPhoneといった革命的な製品をこの世に送り出したという、いずれも偉大な人物ということは間違いのない共通項です。

でも、思想家と経営者、一見無関係な印象ですが、2人の思想、信条といったものがとても似ている、とこの本を読んで感じられたのです。

 

吉本さんの仕事は膨大ですから、それを一言で「こうだよ」と言うのは大変むずかしいのです。

「吉本隆明“心”から読み解く思想」より

 

 

吉本氏のことを簡単に説明することはできないのですが、非常にわかりやすく解説してくれているこの本を借りると、鮮明に吉本氏の仕事が見えてくるし、その中でジョブズとの共通点を感じたのです。

それは、以下の点です。

 

  • ジョブズ(過去の発言):我々(Apple)は、テクノロジーとリベラル・アーツの交差点に居続ける企業でありたい
  • 吉本氏(この本での紹介):“科学”と“宗教”“芸術”の世界を自由に行き来しようとしたのです

 

Appleのプロダクツは技術の塊みたいな印象がありますが、それはヒトのずっと先を見通す思想から産まれたもの。

かたや吉本氏の思想も、西洋科学の延長ではなく、もっと深いところから思想を展開した仕事。

これに非常に深いつながりを感じたのです。

 

私が紹介、説明するには大きすぎる話なので、間違いがあるかもしれないし詳しくもないですが、間違いなくこの2人は似ています。

本を読み終えたら、またご紹介したいなあ(できるかなあ)と思います。

 

 

この本を読んでみようかな、と思われた方、こちらを先に読まれることをオススメします。それだとより理解が進むと思います。