セブン、セブン、セブン Windows7!

今日からようやく。

うちの会社のパソコン、Windows7になりました。

それまでは、XP。ブラウザもIE6という、あぶねえ環境でした。

 

 

 

遅れた理由

 

 

うちのシステム部門、決してのんびりしていたわけではないんです、もちろん。XPが危ないこと、IE6のシステムを守るセキュリティに余計なエネルギーが必要なこと、わかっていたはずです。でも、このタイミング。

じゃあ、なぜ、OSのバージョンアップが遅くなったのか。

それは、IE6のみを動作環境とするシステムがあったこと。しかも、そこそこ作りこんでいるがために、ブラウザのバージョンアップ程度であっても、容易に対応できない。

 

よかれと考えて作りこむわけだけど、それが仇になるのですねえ。

OSのバージョンアップは避けられない道。それを追いかけるシステム、アプリという構図はどうにも変わらん。

 

 

 

最も大きな変化

 

 

今回のシステムのバージョンアップ、最も大きな変化だったのは、パソコン本体に記憶装置を持たないことです。でも、何より驚きだったのは、OS自体もネットに接続していないと起動しない、というセキュリティ重視のシステムであること。

話には聞いたことがあったけど、うちの会社にもそれがもたらされるとは・・・。