結局、WiMAXには欠点があるんよ、実際

このブログで最もアクセスを頂いている記事は、WiMAX。

 

WiMAX2ルーターの接続が突然切れたりしません?:理由がわかりました

 

 

WiMAXルーターのことを書いたのですが、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、WiMAXはもともと欠点を持ってるんですよね。

そのことを書いとかなきゃ、ね。
 
 








 
 

1.周波数の違い

 

経験されてる方はご存知のとおり、WiMAXは建物の陰とか、室内の奥のほうとか、接続ができないです。WiMAXのエリア内であってもです。

 

WiMAX、携帯とも電波を使ってるわけですが、周波数の違いがあります。

WiMAXは高周波(2.5GHz)というのを使っています。

携帯電話は、それよりも低い周波の電波です。

 

この違いはどんな結果を生み出すのか。

 

  • 高周波は、遠くに届く分、建物などにぶつかるとそこで途切れる。
  • 低周波は、遠くには届かないけど、建物などを回りこむ。

 

例えていえば、高周波は、高圧洗浄機。

遠くまで届くけど、障害物にあたったらそこから先は水は届きませんよね。

低周波は、霧吹き。

遠くまでは届かないけど、障害物にあたってもそこで途切れることはなく、空気にのってあたりに広がる。

そんな違いじゃないでしょうか。

 

 

 

2.WiMAXとLTEを使い分ける

 

WiMAXとLTEの単純比較は無意味でしょう。

どっちがいい、どっちが悪いではなさそう。メリット・デメリットがある。

 

WiMAXは、携帯して、あるいは移動しながら、というよりは、電波がしっかりはいる場所で固定的に使う。むしろパソコンでしょうか。

LTEは、携帯的でしょう。携帯電話(スマートフォン)はもちろん、携帯ルーターでのテザリングでも好適だね。