WiMAX購入の理由

2010年8月19日

WiMAXをなんで購入したか、と言うと。

iPadを、外出した際にネット環境下で使おうとすると、公衆lanしか私には選択肢がない。
具体的には、BBモバイルポイントや、Freespotなど。
最近では、ソフトバンクWi-Fiも使えるようになった。
だが、ソフトバンクWi-Fi(スターバックス)を除いて、いずれも電波の力が弱い。
スターバックスも、私の行動範囲にはたくさん出店していない。

 

そんな訳で、モバイルルーターの検討をしたわけです。
UQだったら、複数の選択肢がある。
ビックカメラ、デオデオ(エディオン)、ヤマダ電機、、、。

 

で、ビックカメラだと、BBモバイルポイントやWi2 300といったサービスが無料で使えるというメリット。
他の選択肢もそれなりのメリットがあるのだが、私にはビックカメラが最もありがたかった。

 

ワイヤレスゲート(BBモバイルポイント)、Wi2 300を別途契約していたのだ。
そんなわけで、ビックカメラに決定。

 

全国で言えばまだまだエリアは限られている。
でも順調にワイマックスは広がっている。

 

4Gが来るまでのつなぎとしては、安いし、二年しばりもないし、いい選択肢と考え、購入しました。
さらにエリアの拡充で期待するのは、家庭用としても使えるようにならないか。

 

中国電力系メガエッグを契約しているくせに転勤族の私としては、来たる転勤の時の不便さを避けたいわけです。