豊前裏打会って何?:大地のうどんを食べたぞ

2015年3月15日

お友だちのブログで以前から気になっていた「大地のうどん」、今日食べてきました。キーポイントは“豊前裏打会”です。

 

土曜日のお昼、ちょうど12時頃。時間が悪かったのもあるのでしょうが、すごい人。オレが到着した時点で、オレの前には7〜8人くらいだったかな、列をなしてました。オレの後ろにも、すぐに5〜6人が並ぶ・・・。
テーブル、小上がり、お客さんで満杯です。カウンターが2席くらい空いていたんだけど、次のお客さんが複数人数のグループだから案内できないのかなあ、と予想していたら、「次のお客さん、カウンターでもいいですか?」と店員さんから聞かれ、いいですよ、と2人がカウンターに座りました。
うどんだから回転は早いだろう、と安易に考えてましたが、そうでもなかったんです。理由は後ほど。
で、食券から買ったのは、ごぼう天うどん。

 

大地のうどん ごぼう天うどん
大地のうどん ごぼう天うどん

カウンターに着いてから10分弱だったかな。 届いたごぼ天うどんは、これです。

薄くスライスされているとはいえ、このごぼう天、すごくないですか。デカイ!「麦わら帽子」と呼ばれているらしいです。

 

えっ、大きさがわからない? だったら、唐辛子とのショットをどうぞ。

ごぼ天のサイズ
ごぼ天のサイズ

ほら、すごいでしょ。

 

天ぷらはダシにつけて食べるのがオレの流儀。箸で折りながら、ダシに漬ける。バキバキと音がしそうです。

 

 

さて、柄杓(笑)ですくってダシをいただく。んー、オレがあまりすきじゃない、ちょっぴり塩辛いやつ。でも、美味いよ。

麺は、驚きの見た目。ほら、こんなかんじ。

 

麺

わかりにくいんですが、麺がうどんらしくなく、黄色です。それと、透明で、太さもきしめんくらいかなあ。

福岡のうどんとしてオレがイメージするのは、牧のうどんとか小麦冶ですが、それらとは全く違います。食感は「コニュコニュ」かな。

讃岐うどんとも違うし、稲庭とも違う。独特です。これ、豊前裏打会の特徴の一つらしいです。

 

オリジナルスパイスたち
オリジナルスパイスたち

 

特徴的なのは、これらのスパイスも。

いずれも豊前裏打会のオリジナルのようです。

オレが気になったのは、左側の「黄柚子ごしょう」。粉末ですが、少量でピリリと辛いです。

 

 

ジャイアントなごぼ天にビックリ、ダシも悪くない。他のお客さんのうどんを見てると、かき揚げもジャイアント。

幸せな時間でした。

 

IMG_0564

 

ちなみに人気ランキングがこちら。今度は家族と来よう。その時は野菜天ぶっかけにしよう。

 

 

豊前裏打会のサイトをご紹介。「麺や天ぷらは、注文を受けてからゆでるから遅くなる」「オリジナルスパイスのこだわり」などなどの熱い言葉と、豊前裏打会の他のお店の紹介などもあります。

 

 

 

大地のうどん 筑紫野店うどん / 都府楼南駅