無理矢理のツイッター

2010年2月13日

別にいいんですけど。

 

 


インフォシークが、冬季五輪の選手へのつぶやき(ツイッター)の数だけ、ハイチへの寄付をする、というキャンペーンをやってるらしい。
ここ

 

別にいいんですけど。

要素が詰まり過ぎじゃない?
バンクーバーと、ハイチと、ツイッターと。

 

以前から、ツイッターは流行る、ということが言われ過ぎ、の印象を強く感じる私は、このキャンペーンにも、なんとなく違和感を感じるのです。
直接的な寄付の手段は他にもあるし、選手への応援もやり方があるだろう。
(そもそも、大会中にツイッターを選手たちは読むヒマがあるのか?)

 

私には、Infoseekの売名行為と、ツイッターを次のメインのメディアにしようとする何かの存在を感じざるを得ません。
posted by iPhone

 

【追記】
募金額の上限は10万円。
それもしょぼいな。
(ちなみに、現時点2/13 23:00で900円弱)

よっぽど、このツイッターのアカウント

@dff_ClickBokin

の方が直接的で、実績も上だし、いいような気がすんだけど。