Macでテレビ視聴をする時、知っておくといい話

地デジのテレビ放送は、昔のアナログ時代のそれと違って、技術的な制約が多いなぁ。

 

ダビング(コピー)は制限があるし、ハードディスクレコーダーに録画したものをDVDにコピーし他の機器(たとえばパソコン)で視聴するには、録画の形式やDVDのディスケット(という表現は古い!)も選ばないといけない。VHSやベータのビデオ時代が懐かしい。

Macで地デジを観るための、実質的な唯一の方法、アイ・オー・データの地デジキャプチャー「m2TV」。これもご多分に漏れず、制限が多い。

 

 

 

キャプチャ的な操作ができない。テレビ映像のキャプチャができないようにするためやろね。

 

 

たとえば、m2TVを起動している状態では、「プレビュー」が起動できない。Macの画面上の動きを録画できる操作もできないし、Evernoteも起動できない。

例えば、m2TVでのテレビ視聴時にEvernoteを起動すると、m2TVが強制シャットダウンしちゃう。

 

テレビを観ながら、画像の編集(プレビュー)をしたり、日記やブログの下書き(Evernote)をしたりしたいですよね。そんな時の回避策。

 

 

 

プレビューの代わりに

 

 

プレビューの代わりに、別のアプリを使おう。俺のオススメは「ToyViewer」。無料だし、プレビューと同等の基本的な処理はほとんどできるで。

 

ToyViewer
ToyViewer

 

 

 

Evernoteアプリの代わりに

 

 

Evernoteアプリの代わりに・・・。ブラウザでEvernoteを起動させよう。

アプリは起動できないけど、ブラウザ上でのEvernoteは何の問題なく動作するで。