俺は鶏皮のことが好きなのか嫌いなのか

小さいころ、鶏の皮は苦手でした。

大人になっても、焼鳥屋さんのカワは、進んで食べたいというものではなかったです。

でも、とある居酒屋で出されたメニューに、仰天・感動。

以来、鶏皮は「調理の仕方によっては美味しい」存在となりました。

 

 

どうやって調理するのかわからないので試行錯誤

 

その居酒屋はもうなくなり、どうやって作ったらいいかはわからないんです。

自分なりにトライ・アンド・エラーしながら、こんなふうに食べるようになりました。

食感、そして健康にもいい食べ方だと思います。

 

 

カリカリ鶏皮

 

やるべきことは単純。

皮をカリカリに焼いて、脂分を抜いて、適当に味付け。

これだけ。が、面倒なんですよね。

 

 

鶏肉から皮と脂を取る

 

DSC 0289

 

鶏の肉塊から、皮と黄色い脂部分を切り取ります。

そして、フライパンの上に広げます。

 

 

皮の上に何か乗せる

 

DSC 0290

 

皮の上に、何か乗せます。

写真では、割り箸を乗せてます。

鶏皮は熱すると丸まるので、平たいままになるように上から押さえておきます。

フライ返しみたいなので押さえておくのが一番いいのですが、そうなるとフライパンの前にずっといないといけないので。

 

 

油が出てきます

 

DSC 0291

 

しばらくすると、油が出てきます。

この油が、皮の美味しさかもしれないのですが、体には余分だろうと思います。

キッチンペーパーで拭き取りましょう。

 

 

カリカリ鶏皮の出来上がり

 

DSC 0292 2

 

時間はかかりますが、カリカリ鶏皮の出来上がり。

あとは、塩コショウなり、ポン酢なり、お好きな味付けでいただきましょう。