浴衣は広島に観に来い!「とうかさん」というお祭り

日本で最も早く浴衣を着るのは、広島の「とうかさん」やないかな。

 

とうかさん
息子たち

 

 

広島の6月は、とうかさんというお祭りで始まります。

 

 

今年は、昨日6月6日から3日間です。

 

この「とうかさん」では、浴衣を着る、というのが風物詩になってます。

 

「とうかさん」という名前の由来は、

 

  • 稲荷:音読みすると「とうか」
  • 十日から来ている

 

など、複数あるようです。

広島市中区の圓隆寺というお稲荷さんを中心としたお祭りなんです。

 

出店も出て、たくさんの人が繰り出しますよ。

 

 

例年、

とうかさんの浴衣は、季節的に早い(浴衣を着るには少々早いよね」

という話になることが多いのですが、今年は十分浴衣が合う気候です。暑いです。

そして、これは毎年同じで、熱いです。

 

 

あ、写真は、数年前の、息子たちと繰り出したときのものです。

 

 

家族

Posted by まくでじ