更新プログラムを出し続けなければならないOSって・・・XP

Windows XPのサポートが終了したってことで、世界が騒いでます。

 

全国の自治体の使用するPCのうち、まだXPが 26万台以上残っている

韓国外務省と在外公館で使用するすべてのPCがXP。今後約1年間はXPを使い続ける

 

等など、XPを使い続ける危険性が報じられています。

 

ニュースにならないまでも、予算に余裕のない企業では、XPからリプレースできない事情はゴマンと残っているでしょう。

 

そもそも、

 

セキュリティ更新プログラムを出し続けなければならないOSって、どないやねん!

 

 

Windowsに限らず、MacOSXでも、Linuxでも、セキュリティ向上のためのアップデート、更新ファイルの配布などやっているのでしょう。

Windowsはユーザーが多いので、ニュースになるという要素もあるのかもしれません。

 

とはいえ、マイクロソフト内外から、「XPは危ないから、早く切り替えましょう」とユーザーに呼びかけられる様子は、どうでしょう。

「えっ、おれら、こんな恥ずかしいOSを販売してたの?」という、理解あるマイクロソフト社員の声も聞こえてきます。