太陽光、売電価格の単価

皆様ご存じとは思いますが、ご紹介しておきます。

太陽光発電を行うことにより余った電力を電力会社に売って、買ってもらう(売電)ことは、非常に有効な策と思います。




その売電の場合の単価は、年度により決まります。

 

平成23年度(2011年度)の単価は、(オール電化と仮定して)42円/kWhです。つまり、今年度中に設置、申請された太陽光発電の売電は、42円で売れるわけです。この単価が10年間続きます。

 

これが、来年度(平成24年度)には、下がることがほぼ確定のようです。正式にはまだ決まってないようですが、30円台後半になりそう、とのことです。これがやっぱり10年続くわけです。

 

というわけで、太陽光発電設置をお考えの方は、是非今年度中に、となります。
ただ、早ければいいかというとそうとも言い切れず、来年には太陽光発電システム本体そのものが、その普及や競争による価格の引き下げで安くなることも考えられるわけで、判断が難しいところですね。