私の中の、SNSの構成比の変化

2013年6月14日

最近、すっかり歳をとった、と諦念(定年?)の境地の、私でございます。

私の最近のSNSの利用状況に変化あり。
結論を先に申しますと、Facebookの利用比率がドーンと落ち、ツイッターが(あくまで相対的だけど)伸びてきています。

最近実感するのが、私のリア充生活の空疎化。
職場と飲み屋と単身寮の往復のみ、な感じ。
仕事とは無関係の人間との接触がないなあ。(飲み屋の店員だけか・・・)

もともと外に出る(自分の殻から出る、という意味合いも含め)要素の低い私のこと、こういう事態は普通なのだけど、それを補うかも、と少しは期待していたFacebookが、妙に疲れる。

ゼロではない、楽しい要素もなくはない。
実際、FBを通じて知り合った、いい関係の友人もいる。

でも、FB全体を俯瞰すると、どうかなあ。
プラスよりも、差し引きマイナスの方が多いかも。

FB利用者の鈍化(利用者が減った、という国が増えた)も報じられてます。
私と、完全に同じとは言わないまでも、似たような疲れを感じている人、いるんじゃないでしょうか。

さあ、外へ出よう、人と、自然と触れ合おう、お前(=オレのこと)!