「Skankphone」とは何か:2つに分けられたiPhone開発

Appleは、新商品・新技術の開発を、他のスタッフと完全に隔離させる、という話は、これまで本を読んで知ってたけど、iPhoneの開発チームを2つに分けていたとは。

 

 

 

 

Skankphoneとは

 

 

Skankphone(GIGAZINEより)
Skankphone(GIGAZINEより)

 

GIGAZINE

 

iPhoneの開発チームは、OSチームとハードウェアチームの2つに分けられ、OSチームにはニセのハードウェアを、ハードウェアチームにはニセのiOSを渡して完全に隔離したそうです。お互いを知ることはできなかったらしいです。

なぜそこまでしたのか。

 

Appleが開発チームを2つに分けたのは、ハードウェアの情報とソフトウェアの情報が揃って漏洩してしまい、iPhoneがどんなものかを知られることを防ぐためだったとみられます。

GIGAZINEより

 

だそうです。

単なる秘密主義ではなく、情報セキュリティということだったんですね。

 

 

 

とすると、Androidはやっぱり・・・

 

 

 

 

AppleとGoogle(Android)の戦いは、この本に詳しいですが、Skankphoneのことを考えると、サムスン(≒Android)はやっぱり独創的なモノではない、という確信が変わらないですねえ。

真実はどうか、わかりませんけどね。

 

→私の愛するガジェットたち