格安SIMはいい。でもセキュリティに気をつけて!

SIMフリー、格安SIMが話題です。

大手キャリアでの契約ではなく、通信量を月間1GBにおさえる分、月額料金が安価になる等、携帯電話・スマートフォンを利用するのに選択肢が広がります。

 

でもバラ色だけではありません。

 

たとえば、こちらはU-mobileのサイトでの紹介ですが、

 

月間ご利用データ通信量が規定量を超過した場合、当月末までの通信速度が大幅に制限されます。Wi-Fiを使った通信はU-mobileの通信量にカウントされないため、動画や音楽・アプリなどの大容量ファイルをダウンロードする際はご自宅の光ファイバーなどの固定回線を利用し、駅やカフェなどにいる際は公衆無線LANスポットを活用することで、速度制限を回避しながら月々の通信費を節約することができます。

 

通信量をおさえるために、「Wi-Fiが使える時にはWi-Fiを使いましょう」と紹介されています。これに注意が必要。

 

これは、格安SIMに限らないのですが、Wi-Fiスポット、公衆無線LANは、セキュリティ的に危ないらしいです。

スキルがある人にとっては、Wi-Fiの通信内容は簡単に傍受できるらしいです。

 

自宅で、光回線にWi-Fiルーターをつないだ場合のWi-Fiならいいかもですが、公衆Wi-Fiは注意しましょう。傍受されることを覚悟しましょう。

 

【追記】2014.9.3

私の好きなブロガー、永江一石さんのサイトでも指摘されてます。

参考にしてください。

More Access! More Fun!