セカイカメラ、終わり

鳴り物入りでリリースされた、iPhoneアプリ「セカイカメラ」。
2014年1月で終了するとのこと。

アプリを起動し、iPhoneを空間にかざすと、その空間の情報が映し出されるというものです。

このアプリは、文字で説明するには難しく、使わないとわかりにくいものです。なので、こんなサイトなどをご覧いただくとして。

Yahoo

「リリースが早すぎた」
「時代が追いつかなかった」

などと、好意的な評価があるようです。
が、私の印象は、

スマートフォンでは、技術的にはこんなことができるんですよ
ユーザーに役立つようにするのに、もうちょっと待ってください

というだけで、それ以上はなかった。

タグが少ないなあ、と思ってたら、ある時から急激に増えて、画像が見づらくなりました。スマホの画面一面にタグがベラーっと張り付いている。タグの情報の確認さえも難しい。
これは使えない、これは予想できた事態だろう、こんなんも整理できていないで、リリースなんかせんといて、というのが、当時からの印象でした。

比較の対象じゃないかもしれないけど、携帯の電話番号がそのまま@前の文字列になるメールアドレスが存在した事態(スパムメールが簡単に作られる)と同じ。

拡張現実(AR)って、その他も含め、未だ定着してないですね。