清陽軒小郡店:ははーん、ラーメンの満足がここにあるな

ラーメン食べたい、と数ヵ月前から思っていたんだけど、なかなか機会がないものですね。

そんな中、ふとしたきっかけでラーメンを食べる機会がやってきました。

食べたのは、小郡。

 

https://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400802/40038419/

 

 

iPhoneで「小郡 ラーメン」で検索したら出てきたお店の中で、西鉄もしくは甘鉄から近いお店、それが清陽軒でした。

久留米で有名なお店らしく、「小郡についに出店」と宣伝されている。なんか、よさそう。

 

甘木鉄道 大板井駅からあるいて5分ほどだったでしょうか。

清陽軒
清陽軒 小郡店の外観

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和にタイムトリップしたみたいな外観です。

ドアを開けてすぐのところに受付を処理するタッチパネルが。回転寿司のお店によくあるものです。「何人で来たか」「テーブルがいいかカウンターでもいいか」などをタッチする受付機。

しかし、「今日は受付の必要はございません」とある。へ、いつもなら必要ってこと?

そんなぁー、こんな田舎に客がたくさん来るかなあ・・・、と2つ目の扉を開けると、ビックリ。お客さんがいっぱい。テーブル1つとカウンタ2席分くらいしか空きがない。私は1人でしたので、カウンターへ。

 

注文したのは、5番セット。ラーメン+餃子で900円。ラーメンは屋台仕込みラーメン。

清陽軒の屋台仕込みラーメン
清陽軒の屋台仕込みラーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープは、使い終わったものを残し、そこに新たなスープを注ぎ足し。それを繰り返してるそうです。蒲焼のタレみたいなものですね。まろやかです。

見た目、違和感のある粒が。

背脂カリカリ
ラーメンの中に背脂をカリカリにしたやつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焦がしにんにくかなあ、だとすれば熊本ラーメンになっちゃうけど・・・、とかじってみると違う。背脂をカリカリに揚げたものだそうです。たしかに背脂の味がする。当たり前だけど。

で、あらためてスープと一緒に麺を食すと、この背脂カリカリがなんともいえない風味を出してくれている。しつこくはなく、深みが出る、というか。

 

 

さて、餃子。

ごくノーマルな感じがしますが、タレにニンニク醤油を足すとぐっと深みが出ます。

 

清陽軒 餃子
清陽軒 餃子

 

 

 

 

 

 

 

お客さんが多いのは納得。

こんな田舎で(すいません)、満足を感じられるラーメン店の存在はありがたいです。

道路沿いで、駐車場も広いですので、家族連れでも楽しめます。

 

唯一気になったのは、以下。「心づかい」押し売りするものではない、というのが私の主義なもので。

清陽軒の心づかい
清陽軒の心づかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ランキング:ラーメン | 大板井駅小郡駅西鉄小郡駅