人に見られたくないムフフ動画とかはしっかり消さないと:データ復旧の脅威

データ復旧アプリを使ってみました。

もしあればいいかな、と思うような家族の写真を探してみようと思ったのでした。

 

使ったのは、EaseUS(イーザースと読むみたいです)のData Recovery Wizard for Mac Freeというアプリです。無料版です。

http://jp.easeus.com/mac-data-recovery-software/mac-drw-free.html

 

 

 

どうしても復活させたい、何が何でも、というわけじゃなくて、できれば復活してほしいくらいの軽い気持ちでした。

ところが・・・。

驚愕の復活ファイル数!
驚愕の復活ファイル数!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見てください。

なんと、画像(静止画)にして15万、動画が2600というファイルが見つかったのでした。

 

全部を確認したわけじゃないけど、ありがちな「ファイル名は表示されてるけど、ファイル自体は存在しない」みたいなことは無し。ほんとに静止画や動画が復活したのでした。

探してた家族の写真も取り戻すことができたのでした。

ついでに、不要になり、削除してたムフフ動画も見つかったのでした。

 

 

 

繰り返しますけど、無料版です。無料版でこれだけの復活ができちゃう。(有料版もあるよ。その比較がこちら)

http://jp.easeus.com/mac-data-recovery-software/

 

 

 

Mac OSXにはTime Machineというバックアップという機能があり、定期的にバックアップ先のディスクに接続しさえすればバックアップできちゃう。

Macユーザーはこの機能があって幸せものですが、いざというときのためにこのリカバリーアプリは持っておいていい。(Windows版もあるよ)

ただし、ムフフ動画を見つけられないためにも、パートナーにはこのアプリの存在を黙っておくように・・・。

 

 

 

OSX

Posted by まくでじ