これやっとけばまず間違いなしの二日酔い防止法:私のやり方

花見に歓迎会、新歓コンパ・・・。怒涛の飲み会ラッシュな季節です。

なんやかんや言って、ゴールデンウイークあたりまでは飲み会続きじゃないでしょうか、皆さん。

 

 

そんな季節に、二日酔い防止法を知っていて損はないはず。

私なりの、実体験を踏まえた二日酔い防止法をご紹介したいのだけど、まずは項目だけでも羅列。

 

  1. 飲み過ぎない
  2. アルコール以外の水分もなるべくたくさん飲む
  3. 食べ物を食べる
  4. アルコールを飲み終わってから寝るまでになるべく時間を置く

 

 

o0600080011179854931

 

 

 

1.飲み過ぎない

 

「お前、それはないだろ」と言われそうな、当たり前過ぎること。

二日酔いの朝、誰もが誓う「もう、こんなバカ飲みはしない」。人間に学習能力がない、とすれば、その典型がこれですよね。

この誓いを実践できる人なら、この後の文章を読む必要はございません。

 

 

 

2.アルコール以外の水分もなるべくたくさん飲む

 

水を飲む
水を飲む

 



「チェイサー」ってありますね。アルコールの度数が高いもの(ウイスキーとか)を飲む際、一緒に飲む非アルコール飲料(もしくは、度数の低いお酒)。あれと同じです。

たとえ、ビールのようなアルコール度数の低いお酒でも、水分をとるのがいいです。その理由は、濃いアルコール(度数の高いアルコール)よりも薄いアルコールの方が、それを消化する内臓の負担が軽いのです。

 

度数が低い、例えばビールでも、ビールには利尿作用があるので、体内の水分はどんどん排出されます。すると、濃いアルコールを飲んだのと同じ事が起きます。つまり、体内のアルコールが濃くなる。なので、度数にかかわらず、水分はとるようにするのがいいです。

お酒を飲んでいる最中じゃなくても、お酒を飲み終わった後、寝る前までに水をたくさん飲む、というのでもOKです。寝ている間、体内のアルコール濃度が薄まるのは、望ましい状況です。

 

 

 

3.食べ物を食べる

 

「ビールを飲むと太る(から、食べないように)」

よく言われる話です。

 

確かに、ビールは、ホップの持つ食欲増進作用で、普段よりも食欲が増します。(と言われています。)

だから、ダイエットしている人は気をつけよ、という話なのですが、体重以外の観点では、食べた方がいいです。

その理由は、主に2つ。

 

  • アルコールを分解するため
  • アルコールが体内に吸収されるスピードを遅くする(その分、体へのアルコールの悪影響のスピードを遅らせられる)

 

よく、「お酒の後のラーメンは体に悪い」と言われます。あなたがブクブク太っている肥満体型なら、食べるのは控えた方がいいでしょう。でも、そうじゃないなら、アルコールの悪い影響を考えるべき。ラーメンを食べるのは、本能的な体の欲求。アルコールの分解には必要。だから、本能に従い、食べたほうがいい。

 

ダイエットより健康を優先するあなたなら、食べよう、遠慮なく。

健康よりダイエットを優先する(しなければならない状況にある)あなたは、肝臓(その他の内臓)を悪くします。

 

 

 

4.アルコールを飲み終わってから寝るまでになるべく時間を置く

 

お酒を飲み終わった後、すぐに寝る、というのは止めるべき。飲み終わったら、水を飲む、食べ物を食べるなどして、寝る前の時間をなるべく長く確保。

 

なぜなら、寝てしまうと、体の代謝の速度が遅くなる。つまり、アルコールの消化のスピードが遅くなります。

なので、なるべく起きている間にアルコールを消化。そのためにも、すぐ寝ない。

 

 

taisho

 

 

これらを全て実践するというのは至難の業、と感じる人も多いでしょう。でも、私は実践していて、あるときから二日酔いは起きてません。

実践するのは難しい、という印象を持った人が多いでしょう。お付き合いや、新人(あるいは若年)だから自分の想いどおりに行動できないこともあるでしょう。

「さあ、飲め」と、まだ1割も減っていないグラスに上司から注がれるビールを拒否できなかったり、イッキ飲みを断ることができなかったりする。(ちなみに、イッキ飲みは、めっちゃ体に悪いので、大人も若人もやらないこと!)

 

それでも、2と4は自分でできること。自分で実践できることで、十分二日酔いは防げるよ。特に、まだ元気な、30代以前のあなた、大丈夫。

 

 

 

ご紹介してきたこれらの実践は私の経験に基づくものですが、ご心配なく。これらの実践法を、とある某国立大大学院教授に話したら、「間違いない。理にかなってる」というお墨付きをいただきました。

その先生、講演で「片手にビールジョッキ、もう片方の手にはご飯茶碗」とアピールしていたくらい、ご飯を食べることを推奨してましたよ。

 

自分で実践できること、少しでも増やしていきましょう。あなたの二日酔いの回数が激減すること、間違いなし!