俺と佐村河内はどっちが年上か:彼を見て俺の加齢を感じる

四捨五入すると50歳である私は、アラフィフ?

 

人は、自分の年齢を、頭ではわかっても、実感を得る機会は少ないですよね。

私の「こんな時は、年取ったってしみじみ感じるなあ」というのは、

 

  • 相撲の横綱が、自分より年下だったことに気づいた
  • 有名プロ野球選手が引退したが、俺より年下やった

 

ですかねえ。

 

そしてこのたび、私の【年取ったなあ、俺】ページに1枚が加わることになりました。それは、

 

佐村河内事件!w

 

 

この事件を必要以上に囃すつもりはありません。

あくまで、自分が加齢を感じた一シーンということで、書きたいと思います。

 

 

年齢は、佐村河内守>新垣隆

 

佐村河内
佐村河内守氏

 

この「佐村河内ゴーストライター騒動」をざっくり言うと、

 

  • 桐朋学園大学非常勤講師の新垣隆氏(43歳)が、自分が佐村河内守氏(50歳)に代わって作曲していたと公表
  • 新垣氏「耳が聞こえないと思ったことは一度もない」とも発言
  • 佐村河内氏の聴覚が検査され、聴覚障害者ではない(障害者手帳の交付の対象にはならない)レベルだと発覚
  • 佐村河内氏による謝罪会見が行われたが、彼の言動から「逆切れ会見」となった

 

というところでしょうか。

 

2人の年齢を比較すると、佐村河内>新垣となります。

 

 

精神年齢的には、・・・佐村河内<新垣?

 

新垣
新垣隆氏

 

しかし、どうでしょう。

双方の記者会見を全部見たわけではないですが、新垣氏がゴーストラーターとして作曲していたのは事実であり、佐村河内氏には虚偽や不誠実が一定程度あると思います。そのことをしっかり謝罪しなくてはならない。

しかしながら、「彼の言っていることは全部本当ではなく、新垣氏を訴える」とまで、会見の場で怒っており、逆ギレ以外の何物でもありません。

 

本当に新垣氏を訴えるなら、謝罪会見の場で言うのではなく、内々で動くべきではないでしょうか。

 

また、その謝罪会見での記者からの質問に即座にうなづいたり、記者の質問が終わってないタイミングで発言しようとして「まだ手話通訳は終わってませんよ」と記者にバカにされたり、という様子を見たら、音はほぼ聞こえているのであり、新垣氏の言う「聞こえていないとは思えませんでした」発言が存在感あります。

 

んー、これらのことからも、精神年齢は、佐村河内<新垣と言ってもいいのではないでしょうか。

 

 

私と彼らの年齢

 

話を戻して、私がこの騒動について自分の加齢を感じたのは、主に佐村河内氏の言動が幼稚であることと私の年齢との比較です。

佐村河内氏の幼稚さを見てたら、彼より4歳年下の俺は、彼のことを反面教師にして、もっと成長せなあかんな、と思いました。

てか、俺も十分おっさんか。アラフィフやし。