グーグル日本語入力って、意外と大したことないなあ:あの車両を見てそう思った

ドクターイエロー
ドクターイエロー

 

新幹線電気軌道総合試験車。そう、いわゆる「ドクターイエロー」です。

 

駅に停車している、珍しい車両を見るのは、まだ試運転の時期だったN700系を京都駅で見た以来です。久しぶりに興奮しました。

あ、私、鉄ちゃんではないです。

 

早速、こうやって記事にしようとMacを触っていて、意外な(残念な)発見。
「ドクターイエロー」が、私のIMEでは出てこない。

私のIMEは、Google日本語入力。
ネットから、膨大な語彙を収集し、予測変換する、めっさ便利なエンジンなんですが、残念ながら、今日私がキーボードを叩いた時点では、予測の対象にははいってなかったようです。

 

Google日本語入力って、基本性能の部分は個人の環境に依存しないはずですよねえ。過去に一度でも、私が自分のMacで「ドクターイエロー」と変換・入力していれば記憶され、次から候補になりますが、それがなかったとしても、予め収集されている語彙は、ダウンロード直後の段階で変換候補に出現すると思うのですがねえ。

ドクターイエロー
ドクターイエローを撮るファンの皆様

今や、マニアだけのものではなく、その役割や存在が人口に膾炙した存在のドクターイエローですが(写真のとおり)、Google先生にとっては興味の範囲外だったようです。
ATOKに戻すかなあ。どうしようかなあ。