木村祐一の口癖に見えること

「キム兄」こと木村祐一の口癖が、最近私にも出るようになりました。年齢のせいでしょうか。

 

「レンタカーで、軽自動車を借りるかね?」

「ここで、ピンク色を選ぶかね?」

 

といったものです。意味は、

「レンタカーで軽自動車を選ぶという人間が理解できない」

「このアイテム(確か、家電だったと思う)でピンク色なんて、俺は選ばない」

 

です。いずれも「こんなことするやつの気が知れない」ということですね。

 

私の場合をご紹介しときます(挙げればキリがないんですけど)。

 

1.飲食店で、客がいるところでの、アルバイト教育

「こんなところで、アルバイトを教育するかね?」です。

 

飲食店は、美味しいものを提供するという場であるとともに、それと同等、私にとってはそれ以上に客を気持ちよくさせるサービス業です。「気持ちよくさせる」て言っても、ハイレベルなものを求めはしません。普通の人 対 人のコミュニケーションをやってくれれば、それでいいんです。でも、それができないのが、最近の飲食店です。

客の聞こえるところで、店長、あるいはマネージャー等の立場にいる人間が、ヒラらしき店員を叱責したり、指導したりする。それを聞いていると、誰もがげんなりする、そんな言葉や調子で教育しているのです。

その店員の成長には必要かもしれないけど、その前に、客を不快にさせることするなよ、と言いたいんです。

 

 

2.「客に、それを求めるかね?」

とある回転寿司屋。テーブルに置かれていた案内。
とある回転寿司屋。テーブルに置かれていた案内。

 

 

とある回転寿司屋さん。テーブルに置かれていた案内です。
子どもが回転寿司大好きなので、よく行きます。
言われなくても、無意識のうちに皿の色を揃えてますよ。

でも、これを客に要求したら、あかんでしょ。

会計を早く済ませたいのは、客ももちろんそうだけど、店員もそうなんじゃない?

この案内は、店員、あるいは店側の言い分じゃないか?とまで思います。

 

良識あるこのブログの読者にもご意見をたまわりたいんですけど、どうでしょうか。