熊本地震 ボランティア、やりたくてもやれず

平成28年熊本地震。私の故郷。

少しでも復興に力を出したい、と、近くの自治体が行っているボランティアを探す。
集めた救援物資を積み込む、短時間の作業を募集してましたが、すぐにいっぱいになったみたい。
終日単位のものもあったんだけど、それも受け入れはすでに中止。
どうやら、人もモノも足りてるみたいです。
で、結局やったのは、高校生がやってた募金だけ。

高校の同級生には被災したものがたくさんいます。
現地の職員で、長時間、復興の仕事に携わっている者もいる。
無力な自分が情けない。

東日本大震災のときも、同じ感覚を持ってました。
当時、私は広島。
東北まで体を運ぶこと自体が無理。
ストレスで8kg体重が増加。

それが今回は、被災地は比較的近距離。
それでも、日々の仕事をこなすだけで精一杯。
まあ、詳しくは言えないけど、うちの会社も復興、というか、九州各地の物資の配送に直接的に関わっているので、その仕事だけでも意味がある、と思い込ませながら、日々を過ごしています。