鹿児島の震度が隠されていたのでは、というブログについて

2016年4月25日

川内原発の稼働を継続させるために、故意に鹿児島の震度を放送しなかったのではないか、と書いているブログをご覧になった方は多いのでは。


私はFacebookのタイムラインから、このブログを知りました。

このブログで語られている話をどう感じるか、人によって様々だろうなあ、と思います。実際、このブログのコメント欄には賛否両論が書き込まれています。(管理人は、全部のコメントにいちいち返信しています。俺はできない、えらいなあ)

NHKが忖度して、あるいは如実に政権から放送局に対して「鹿児島の震度は示さないように」したのかどうか、わかりません。でも、今回の地震で「川内原発は大丈夫だろうか?」とか、改めて原子力発電のこわさを心配した人は多かったはずで、私は「こういう見方もあっていい」と思ったというのが率直な感想です。

淡々と、川内原発を止めるべきか否か、を説明してくれているブログがありました。
勉強になります。

原発は、安全でさえあれば、歓迎したい方法です。クリーンだし、コストは低いし。
でも、いざ事故が起きてしまうと膨大な被害が生じます。
単純に、そのバランスだ、と言い切れるほどのことでもないだろうし。

できることなら、↓ こんなクリーンなエネルギーで生きていたい、と考えます。