信号に余裕で間に合ったのはラッキー:プラス思考の実体験

物事を前向きにとらえよう、肯定的に考えよう、というポジティブシンキング。

 

 

 

 

プラス思考」とも表現することがありますね。

同じ出来事でも、それをマイナスにとらえるか、プラスに考えるかの違いで、その人の物事に対する姿勢とか、意欲とかがガラッと変わってくる、ということなんでしょう。

 

もう半分しかない? あと半分もある?
もう半分しかない?
あと半分もある?

 

 

このビール、もう半分しかない(ネガティブ)、と考えるのか、まだあと半分もある(ポジティブ)、と考えるか。

簡単に言ってしまえばそういうことです。

 

 

 

ポジティブシンキングは本当に必要か

 

 

偉そうにいう私、「ポジティブシンキングなんてキレイ事」ととらえてました。

 

理屈では、ポジティブシンキングの効能はなんとなく想像できます。でも、元気がなくなちゃった人、将来を悲観している人、そんな人たちにとっては、言葉はそんなにすんなり理解されない(受け入れられない)こともあると思うんです。

 

元気な人、成功した人、学者、そういった人たちから「ポジティブシンキング、プラス思考が大事だ」と言われても、ああそうですか、とは簡単にはいかないと思うんです。私もそうです。

 

 

 

私の変化

 

 

私自身、そんな経験をしていますが、何がどう動いたのか、考え方が少しずつ変わっていくんですね。

自然とポジティブシンキングできるようになりました。

上に挙げたビールの話が身近だしわかりやすい。

 

 

ポジティブシンキングは何がいいのか

 

自分にとってマイナスなことをプラスに考えることですから、自分にとって嫌なことがなくなります。

例えば「仕事は嫌だ」と思っていたのを、「仕事は自分のための勉強の場だ」とかんがえるようにしたら、仕事というアイテムがいいものに変わります。

苦手な食べ物も、栄養に良いと考えたら、食べ物に対する価値観も変わるでしょう。

 

singou

信号に間に合わなかったとしても、「次の信号に余裕で間に合った、ということ」と考えたら、怒りも消えます。

 

 

 

環境が変わる

 

見方が変わると、環境が変わります。しかも、自分好みに。

そして環境が変わると自分も変わる。

自分が変わる—>環境が変わる—>自分が変わる—>環境が変わる・・・。

正の連鎖が続きます。

そうなるとしめたものです。