DeNAで問題になったパクリ、キュレーションメディアの現場を見てしまったよ

2016年12月22日

DeNAがずさんさを指摘され、炎上した話題。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20161209-00065195/

 

 

この話題が問題になった要素の1つは、決してDeNAだけではなく、サイバーエージェント他、多くのメディアにも存在する現実でありますね。

 

今さら、2つの記事を比較して「似てる」「パクリがひどい」とわざわざピックアップするまでもないんだけど、普通のサラリーパーソンブロガーが普通に気づいたこと、こんなに身近に起きているって事実を紹介するのも、無意味じゃないかな、と。

 

なんとなく見ていたニュース記事に、「あ、これ、どっかで見たことあるぜ」と感じた事象発生。あー、これこそ、パクリの現場だ。

 

 

 

1.おかしなサイト

 

おかしいなあ、と感じたのがこのサイト。

http://n-seikei.jp/2016/12/BeerRanking.html

 

アサヒビールの欧州企業の買収のニュースですが、同じような文章をつい数日前に読んだ記憶がありましたよ。それがこちら。

http://jp.wsj.com/articles/SB12639540122206773900404582495341967132010

 

ざくっと読めばなんとなくお気づきかと思いますが。似てる。

 

時系列的には、ウォール・ストリート・ジャーナルを最初に見て、そのあとに、最初にあげたサイトを見ました、なので、あとのほうがパクってるんじゃないか、と思った次第です。

 

 

 

2.並べてみました

 

よりわかりやすく、2つの記事を並べました。

小さければ、クリックしてみてください。

オリジナルとは思えない
オリジナルとは思えない

 

ほぼ同じです。

まあ、「以上、WSJなど参照」と書いているから、オリジナルじゃない、というのを言っているというのはまだいいかもしれない。(それでも「など参照」と言いながらも、そのまんま引用しているだけですけどね。パクリ)

さらに悪質なのは、以下のとおり線を引っ張った箇所。

 

 

 

  • 「アサヒは飲みすぎてしまったのかもしれない」の文章がほぼ一致していること
  • 「WSJなど参照」と、引用したことを宣言したあとで「アサヒはチトビールを・・・」と書いていること

 

この2つの事象を目にすると、後者のJC net.があやしい。

しかも、JC net.のキャッチフレーズが

 

「経済・政治・時事問題の情報を幅広くキュレーションするサイト」

 

だもんね。

JC net.が、どんな組織が運営してんのかもわかんねーし。

 

最悪なのはキリンビールを「麒麟ビール」と表記している幼さ。

商号は「麒麟麦酒株式会社」。一般的には「キリンビール」。

どちらでもない、テキトーさ。

 

怪しすぎるよ。