読書感想文「小澤征爾さんと、音楽について話をする」

2012年10月30日

書店に並び始めた時から気になってはいました。

「小澤征爾さんと、音楽について話をする」

 

村上春樹は、過去読んだことがあるのは「ノルウェイの森」のみ。文学がそれほど好きではない私がそれを読んだのは、会社の上司に勧められたから。

でも、心に残るほどの感動があったわけじゃありませんでした。

 

そんな読書経験でしたが、世界的にも著名な彼が、私の大好きな音楽家、小澤征爾さんと話をした、というのは、捨て置けない。その「捨て置けない」興味は、非常に高い度合いで満足を感じる結果となりました。

村上氏は、確かジャズが好きだったはず。クラシックはどうなんだろう。でも、それは杞憂でした。

 

私も、音楽教育は義務教育の範囲でしか受けてませんが、クラシックが好き。でも、村上氏(その彼も、楽器を演奏するとか、専門の音楽の教育を受けたわけではない)の知識、音楽に対する感性は見事。小澤さんも驚いていたくらいです。

そんな文学者がインタビュアー。そして相手が、世界的レベルで長く活躍している小澤征爾さんなのですから、対談が密度が濃くないわけがない。うなりました。

 

対談の多くの部分が、曲を一緒に聴きながら、その曲、演奏者について語る、という構成になってますので、是非、クラシックを聴きながらこの本を読むことをお勧めします。

 

同じ曲を違う演奏家が弾いたらどうなるか。あるいは、曲、作曲家そのもの(特にマーラー)について深く語る場面。もともと遅読な私ですが、どんどん引きこまれていきました。

 

小澤征爾
小澤征爾さんと、音楽について話をする

 

いい音楽を聴いた後のような爽快感が余韻に残りました。そして何よりうれしかったのが、病気を患って闘病されている小澤さんが、身体的には衰えているであろうに、音楽に対しては全く衰えを感じさせない、熱情、熱意みたいなものを感じられたことです。