新エネループの印象:Panasonic経営陣へのがっかり

2013年2月28日

Panasonicのロゴがでかくなった

エネループが性能アップして登場したが、少なくないユーザーががっかりしたことでしょう。
それは、このデザイン↑




このデザインで喜んでいるのは、Panasonic(旧松下)の幹部だけじゃないでしょうか。
多くのエネループユーザー、そして三洋電機側はがっくりしてるのでは。
私も後者のひとり。

三洋電機はその昔、企業イメージ、ブランドイメージが悪ぅございました。
「ソニーだったら現物賞与があったら喜ぶけど、三洋だったらたとえ金額的に高くてもいやだ」などと揶揄されたこともあったほど。(ちなみに、現物給与は法律で禁じられています。)

それでも、白物家電や海外では認知度は高かったんですけどねえ。

 

その三洋電機が企業イメージ・ブランドイメージをV字回復させたきっかけ、機動力となったエンジンの1つが「eneloop」。

極論すれば、そんな財産、Panasonicにはなかったのに、今回のデザイン変更で、eneloopという優れたブランドイメージを、Panasonicが覆ってしまった、という印象。これは企業(群)の愚行であり、ユーザー視点無しの行動といっても言い過ぎじゃないでしょう。

 

かたや、cheeroやハイパージュースなど、性能やコスパに優れた商品がどんどん出ています。そのままだと今の地位も危ういですよ。早くなんとかしないと、どんどん負ける環境を自分で作っていっているようなもんですよ。素人の私でも手に取るように感じまっせ。