それでも俺はミスチルを愛する:桜井とゲス川谷の共通点

ボーカル、川谷絵音くんの不倫問題で、「ゲスの極み乙女。」を嫌いになった人も多いだろうね。

 




 

不祥事から嫌いになる芸能人

 

私も、ご多分に漏れず、不祥事を起こした芸能人、タレント、アーティスト(以下、タレント)を嫌いになります。本能的に、です。

 

たとえば、長渕剛くん。

「風は南から」の頃は大好きだったのだが(初期の頃ですけど・・・)、大麻で逮捕されてからは、冷めました。

 

北野武(ビートたけし)くんもそうだな。

出版社で暴行を働いた、その前後の一連の行動。ツービートは好きだったけど、その後はピンの活動も含め、笑えなくなったし、映画も一本も観ていない。大御所のご意見番的な発言のいろいろも、耳にはいりません。

 

 

 

不倫も例外ではない

 

この話の「不祥事」には、不倫も該当します。

私と同じような感性を持ってる方は、不倫問題を起こした川谷絵音くんのおかげで、ゲスの極み乙女。を嫌いになった人も多いでしょうね。

報道されていることが事実だとしたら、ベッキーくんとの関係は、頭の歯車が正常じゃないんだろう、というくらいおかしな行動でしたね。そんな人物がつくる音楽は、何かに汚染されているとも感じてしまうんじゃないんでしょうか。

私はゲスの極み乙女。の曲を好きだとも嫌いだとも思ってないですが、好きだったとしたら、今回の件で嫌いになったと思います。

 

不倫という点では、Mr.Childrenのボーカル、桜井和寿くんも同じです。

アイドルと不倫、その後、離婚し、そのアイドルと再婚しました。

 

 

糟糠の妻を捨てたアーティストたち

(桜井くんの不倫、ご存じない方も多いかもしれません。)

 

ゲス川谷くんも、桜井くんも、不倫という点は同じ。なので、Mr.Childrenの曲を嫌いになった人もいるかな。

 

 

 

Mr.Childrenは嫌いにならない

 

しかし、私はMr.Childrenの曲を嫌いになりませんでした。

なぜなのか、正直よくわかりません。でも、単純にわかりやすい理由だったりするかもしれません。それは、桜井くんと私、年齢が近いということ。

 

同じ年代だから不倫を許す、という話ではありません。歌詞が、アラフィフのおっさんの心を打つのです。

たとえば、「Starting Over」。

歌詞をそのまま書けない(著作権とかの関係で)ので、概要だけ。

 

「とまどいながらも、虚栄心、恐怖心、自尊心というモンスターに散弾銃で立ち向かう」

 

私を含む、ほとんどの社会人は、毎日の仕事生活、私生活に息をつく暇もない。その時間は、緊張とストレスに満たされ、生きている感覚を失うことさえ。

会社からは「変化が大事だ」「失敗をおそれるな」「延長線ではない、革新の仕事を」などと言われる。

もちろん、それらの言葉は大事だとわかっています。でも、おびえるように過ごす毎日。そんなアラフィフ(アラフィフだけじゃないかもしれないけど)たちの応援歌とも言える歌詞は、背筋をビビビーンとさせます。

 

でも、私にとって、Mr.Childrenの曲は、まずメロディーが先にきます。それほどにメロディーがよくて、そのあと、この曲の歌詞は?という流れなのです。

ミスチルの歌の真髄はここなのかもしれません。「Starting Over」か「タガタメ」など、政治的だったり刺激的で強烈な言葉を使う歌詞が、その言葉の内容、主張を崩すことがないメロディーに載せられる。

メロディー、そしてそのあと歌詞にガツンとやられる。これぞ、Mr.Childrenなのだろうと思います。

 

 

タレントをファンが好きになるという関係は、簡単に説明できることじゃないと思います。

ベッキーを引き続き好きなファンもいるだろうし、ファンだからこそ嫌いになったスキャンダルかもしれません。SMAPのファンじゃなければ、SMAP騒動はどうでもいいことだったりするんでしょう。

 

最終的には、タレントは、その存在価値があるかないか、ということじゃないでしょうか。

SMAPは歌は下手くそ、ドラマの演技もどうか、ダンスはできるかもしれない。一人ひとり違うでしょうが。

ゲスの極み乙女。は? ベッキーは? Mr.Childrenは?

 

事務所がどうだ、マネージャーがどうだ、という話より先に、ファンにとってのタレントの存在価値がどうなのか、という話がもっとされてもいいと思うのですが。

 

↓「Starting Over」が含まれるアルバムです。