この映画を観たこと無いあなたがうらやましい:ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」という映画を知らない方はぜひ読んでください。

 

 

 

 

「あなたがうらやましい」という表現

 

音楽評論家で教育家でもある、吉田秀和さん。

吉田さんの本(タイトルは忘れましたが、多分「LP300選」ではなかったかな)に、

 

「この曲を聴いたことが無いあなたをうらやむ」

 

という文章があります。意味は、

 

これからこの曲を、初めて聴く、という楽しみが待っているなんて、あなたは幸せだ。それくらい、この曲は素晴らしい

 

といった意味でした。その曲は、バッハの「マタイ受難曲」じゃなかったかな。

その表現を、ちゃっかりこの記事のタイトルにいただきました。吉田さん、すいません。

 

吉田さんと同じように、わたしがオススメしたい映画のことを書きます。

「ショーシャンクの空に」

です。

 

 

 

 

激戦だった1994年のショーレース

 

この映画が公開されたのと同じタイミングで『フォレスト・ガンプ』『パルプ・フィクション』『スピード』といったヒット作が出たので、「ショーシャンクの空に」は知名度が低く、賞もあまりとれませんでした。

でも評価は高かったようです(たまたま年末に、とある映画評論家のラジオ放送を聴いていて、その評論家はこの映画をナンバーワンにオススメしていました。「フォレスト・ガンプ」よりも上です)。

その後地味に売れていったらしいっす。

 

 

 

Wikipedia「ショーシャンクの空に」は読まないで、ネタバレするから

 

この映画は、ストーリーが素晴らしいです。だからこの記事にはストーリーは書かないし、Wikipediaも読まないでほしいです。

まっさらな状態でこの映画を観てほしい、と思います。

 

Amazonのリンク先を貼っています。そこの紹介くらいなら大丈夫です。

 

 

この映画は刑務所の人々の生きざまを淡々と映し出す、的なストーリー。

どちらかと言えば、地味ぃーなストーリー展開です。

でも、着実に、感動のエンディングに近づいていくのです。

 

わたしはこの映画を、超字幕というアプリやAmazonのプライムなどでもう何回も観ています。先日も久しぶりに観ましたが、最後はやっぱり泣いてしまいます。

でも、その泣きは、感動の涙、というより、爽やかな涙です。

「ああ、映画で爽やかな涙をこらえきれない、ってことがあるんだな」

そんな感じ。

 

主役を演じるティム・ロビンスはもちろんですが、助演のモーガン・フリーマンが絶品です。

映画を楽しむって、これだよな。

 

最後は自己陶酔的な文章になってしまって、すいません。

アマゾンプライム会員の方は、追加料金無料で観れますので、ぜひ。