「スマイル0円」が悲しい:マックの凋落

マック(マッキントッシュではなく、マクドナルドの方ね)の凋落が伝えられています。

 

 

個人的には、食べる機会が少ないので興味はそれほどないのですが、元アップルコンピュータの原田泳幸氏が、アップルから移った会社ということでは、気になることではあります。

その原田氏も、ベネッセでご苦労されてます。彼自身の評価も、落ちていく一方です。

 

 

「スマイル0円」をどう考えるか

 

その昔、「スマイル0円」というメニューを出したマクドナルド。当時は騒がれ、好意的に受け止められてました。私もその1人でした。

 

嘘かホントか、「スマイル0円をテイクアウトできますか?」と言われた店員が、「営業終了までお待ちください」とこたえ、カップルになった2人は結婚したとか、そんなネタも生まれました。

 

つい先日、マックで「スマイル0円」を見かけた時の私の反応。

 

そもそも、スマイルはメニューに載せるべきか? スマイルをこれみよがしに掲げるものか? サービス業がスマイルをもって接するのは大前提ではないのか?

 

んー、これは、「一生懸命、営業中」とか「心をこめて準備中」とかいう手描きの看板をかかげる居酒屋と同じではないかな、と。

 

余計なお世話
余計なお世話

 

 

 

ブランド経営の下り坂

 

ブランドが低下すると、それまで好印象だったものも疑ってかかります。まさに「えくぼもあばた」ですね。

 

マクドナルドの場合、戦略を誤ったこと、食材についての不祥事に影響されたことなど、多方面でのミスが重なりました。ブランドというもの以前の問題なのかもしれません。

とはいえ、ブランドが失墜したことは確かで、客足が遠のくのは間違いないですね。

 

 

ベネッセでもトラブルに遭った、原田泳幸というブランドも低下するばかり。残念です。