「マナーが悪いのは年寄りの方だ」を目の当たりにした

「マナーが悪いのは、若者ではなく、むしろおじさん、おばさんたちだ」という話をよく聞きます。今日、それを目の当たりにしました。心当たりのある方々、反省してください。

 

 

 

 

電車内の携帯電話

 

 

僕が座っていた席の隣と向かいに、乗ってきたおじちゃんAとおばちゃんが座りました。電車が少し走りだしたところで、

 

おばちゃん「電車の中で大丈夫かしら?」

おじちゃんA「大丈夫、大丈夫」

 

何のことだろう? すると、おばちゃんがポケットから携帯電話を取り出し、かかってきた電話に出てしゃべり出しました。

 

 

おばちゃんの方は、少しはまずいと思っていたのでしょうが、おじちゃんの勢いに乗ってしまった感じでした。

 

おいおいおい!

 

 

 

 

体調を悪くした乗客

 

 

同じ電車で、さらに。

 

a1780_000007

 

近くに座っていた女性客が上体をかがめていました。寝ているのか、そうじゃないのか、私は気になってました。乗り過ごしたんじゃないか、体調が悪いんじゃないか、とか。ですが、少し上体を起こし、今どこの駅にいるのかを確認した様子があったので、「寝すごしたわけじゃないんだな」と私は思いました。

その客のすぐ近くに座っていたおじちゃんB(さっきのおじちゃんAとは別人)が、すっと立ち上がり、「これは・・・」聞き取れないつぶやきを残し、後ろの車両に歩いて行きました。

 

おばちゃん「どうかしたのかしら?」

おじちゃんA「寝てるんだよ。心配しなくていいよ」

おばちゃん「そうよね」

 

しばらくすると、車掌が、おじちゃんBとともにやってきました。

 

車掌「大丈夫ですか?」

女性客「貧血で・・・」

 

そう、彼女は貧血で具合が悪くなり、動けなくなっていたのでした。

次に停まった駅で、車掌や駅員にかかえられ、彼女は車両を降りました。

 

おじちゃんA「ほら、やっぱり。ちゃんと顔をよくみて確認してあげなきゃいけなかったんだよ」

おばちゃん「そうね」

 

おいおいおい、おじちゃんA! 何を言ってるんだ?

 

 

 

 

「最近の年寄りは」

 

 

2つ目の出来事はマナーとは直接関係はないですが、とにかくこのおじちゃんAには失望というか、怒りがこみ上げてきました。

 

まあ、ここまで“お見事”なケースに出会うのもなかなかないかもしれません。こんなおじちゃんA、おばちゃんばかり、とも言いません。おじちゃんBのような方もいらっしゃいます。でも、年寄りの常套句「最近の若者は」は通じません。むしろ「最近の年寄りは」です。

 

そういえば、こんなおじちゃんもいましたな。

エキサイトニュース