ダウンロードしたMacのソフト(アプリ)が起動できない場合の対処:

インターネットからダウンロードしたソフト(最近ではアプリとも表現しますね。なので、以下、アプリと表現します)が、なぜか起動できないということないですか。

その際、こんなのが表示されたりします。

 

app

「このダウンロードしたファイルは、怪しいものかもしれません」
「Mac App Storeからダウンロードしていないので、インストールはNGにしときます」

 

ということなわけです。

 

Macは、インターネットからの脅威を防ぐため、「Mac App Store」という場所をつくって、Appleが認めたアプリだけを許可して登録、そこからのインストールは安全ですよ、という仕組みにしました。

そんなわけで、Mac App Store以外からのインストールにはハードルができたのですが、でも不可能ではありません。ちょいと技が必要になります。

 

インストールの方法

 

アプリのアイコンを右クリックします。
(マウスに右ボタンがない場合は、「control」ボタンを押しながらマウスをクリック)

すると、こんなメニューが表示されます。

で、「開く」を選ぶだけです。

コンテキストメニュー

これだけです。これだけで、起動できますよ。

他の方法でもインストールは可能です。どちらか、好みの方法をお選びください。

  1. システム環境設定を起動
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリック
  3. 「一般」で、鍵のマークをクリック、パスワードを入力
  4. ウインドウ下の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から自分の設定したい項目のボタンをクリック

インストール

このように、標準の方法以外でのインストールが可能ではありますが、インストールするアプリ、ファイルの安全性には十分ご注意いただき、自己責任でお願いしますね。

 

補足と感想

パソコンでのWindowsや、スマートフォンでのAndroidと違い、Appleは「Mac App Store」や「App Store」(iPhone、iPad)で、セキュリティとアプリの健全性を担保しています。

一方でアプリの開発とリリースについて自由度を奪っている、エコシステムで顧客の囲い込みをしている、と批判されてもいます。

が、インターネットが様々なフィールドの中心になった今では、ウイルスからの攻撃・子どもの保護などでは必須ではないか、と思います。
なので、私はAppleのエコシステムにどっぷり浸かります。