ひ弱な純正ライトニングケーブルを、オレはこう酷使する

この秋から初めてiPhoneユーザーになられた方、いらっしゃいますか。iPhoneの箱に同梱されているLightningケーブルの使い方について、アドバイスしときます。

 

 

 

周辺機器は純正品を使うべし

 

パソコンやiPhoneを含むスマホなどのIT製品は、極力周辺機器は純正品を使いましょう。プリンタのインクもそうですね。

 

純正品を使うべし、という過去記事

Mac,iOS,AppleTV,,,エトセトラ
Apple教信者がぼそぼそと書きます。Mac,macOS Sierra(旧OSX),iOS,Wordpress、その他雑記など。

 

 

ただし、iPhoneはiPadなどに使うケーブル(最近のものはライトニングケーブルという規格ですね)について、Appleの同梱されているモノは、貧弱です。すぐに付け根が折れてしまいます。そのために、新たに別のケーブルを買う必要が、ほぼ必ず発生するはずです。

そうならないように、一工夫するといいです。それをご紹介します。

 

 

 

貧弱なケーブルを補強せよ

 

私が実際やっている補強術。これ、ガムテープです。ガムテープでも布の方です。

Lightningケーブルをガムテープ(布)で補強
Lightningケーブルをガムテープ(布)で補強

 

弱い部分である付け根のところにガムテープを貼り付けます。これによって、付け根の部分が動きにくくなるので、折れる事態が発生しにくくなります。

ポイントは、布のガムテープにすることと、ケーブルの先端とケーブルの部分の両方をはさみこむように貼る、ということです。

 

具体的には、この部分です。

 

ガムテープを貼る位置
ガムテープを貼る位置

 

ここをしっかりとガムテープで貼ってください。そしたら寿命が伸びます。

ダサい見た目が気になる方は、白い色のテープを貼るのももちろんOKです。

 

 

 

あるいは、別の選択肢

 

「別の製品を買う」という方は、以下の記事が参考になるでしょう。

 

【レビュー】防弾チョッキ並みの強度!数千回の折り曲げにも耐える「Anker PowerLine 防弾仕様 ライトニングUSBケーブル」を試してみた

 

 

断線しにくい!おすすめライトニングケーブル特集