「プリン体ゼロ、糖質ゼロ」横並びの謎

サッポロビールの「極ゼロ」が話題になりました。

 

ロイター

化学業界の話題

 

当初は第3のビール(正確には、「リキュール(発泡性)①」です。そもそも、「第3のビール」というジャンルは存在しないのですよね)として発売していたのを、国税庁から製造方法などの問い合わせを受け、「発泡酒」として販売し直すということになった、という話です。

 

 

IMG_20140906_174826

 

 

国税庁とか「第3のビールは存在しない」とか、どういうこと?

 

 

お酒には酒税という税金が課されます。

お酒の種類によって税額が変わります。

ビール(ビール風味のアルコールを含み、「ビール系飲料」と表現)に対する税金の分類は、いくつもあります。

 

 

大きな分類は4つ。

 

「発泡性酒類」…ビール、発泡酒

「醸造酒類」…ここにはその他の醸造酒というのが含まれます。キリンののどごし生、史上初の麦芽以外を原料にするサッポロのドラフトワン等がこれにあたります。

「蒸留酒類」…ビール系飲料は今のところ無し

「混成酒類」…この中にはリキュールがありますが、サントリーの金麦等が含まれます。

 

 

こちら、わかりやすくまとまってます。

 

 

 

庶民の楽しみ、ビール系飲料から、これでもか、というほど税金が・・・。

 

 

 

揃いに揃った「プリン体0.00、糖質0」

 

 

第3のビールから発泡酒に切り替わった極ゼロに続き、他のキリン、アサヒ、サントリーが全く同じスペック「プリン体0.00mg、糖質0g」の商品が9月2日に揃いました。

 

なぜか、みーんな青い色のパッケージ。見間違うぜ。

 

でも中身は違うぞ。アルコール度数とか、食物繊維とか、原料とか。

 

キリン サッポロ アサヒ サントリー
商品名 淡麗プラチナダブル 極ゼロ スーパーゼロ おいしいZERO
アルコール度数 5.5% 4.0% 5.5% 5.0%
主な原料 麦芽 麦芽 麦芽エキス 麦芽
食物繊維 0〜0.1g 2.1g 1.8g 0〜0.1g

 

 

食物繊維は、パッケージにも書いてあるのですが、「多めに飲むとお腹がゆるくなります」ということなので、気になる方は気にしてください。まあ、冷たい飲み物をたくさん飲んだら、なんだってお腹がゆるくなるんですけどね。

 

原料も違うし、当然製造方法も違うでしょう。

こうなると、味わいが全く違ってきます、きっと。私もいくつか飲んでみましたが、全然違います。

これは、好みが相当分かれると思います。苦味や甘み、香り、フルーティーな味わい・・・。いろいろです。

 

私はキリンの淡麗プラチナダブルが好きでしたが、皆さんはどうでしょうか。