ジョブズ・ウェイ

2011年8月11日

「ジョブズ・ウェイ」という本を読み終えました。

ジョブズとは、説明するまでもないですね、Appleのトップ、あのスティーブ・ジョブズです。

【送料無料】ジョブズ・ウェイ

【送料無料】ジョブズ・ウェイ
価格:1,785円(税込、送料別)

世に、ジョブズ本いろいろあれど、この本こそ、ジョブズの神髄に迫った本はないだろうと思います。

Appleファンの私が書くので多少は偏っているでしょうが、ジョブズのキャラクター、経営理念、情熱、ビジョナリスト・・・といったものが克明に書かれていて、参考になります。
また著者は、ジョブズの言動から、企業経営一般に取り入れられる、参考になる教訓も導き出しています。

加えて、ジョブズについて語られた他の本にはない、真実。
例えば、自ら設立したAppleを「解雇」された、と報じられているが、事実はそれとは少々違うらしいこと。プレゼンの名手が窮地に陥った時にどのような行動で乗り切ったのか。
ジョブズのそばで、いつもジョブズと語り合い、経営を展開してきた著者だからこそわかる、真実。
大変興味深く、一気に読みました。

当然ながら、アップルファンは、この本を読むことでさらにアップルファン度を高めることになるでしょう。
自分自身の生き方に啓発を受けるでしょう。

そうそう、この本を読み終えて、すぐさま「トイ・ストーリー」を観たくなりました。
なぜかって?
この本を読んでみてください。