私が、飲みに行く店は、いつも同じ居酒屋sである理由

私はお酒が好きです。

特にビールが好きです。

 

高給取りじゃないし、住宅ローンをかかえ、しかも単身赴任で定額でやりくりしないとあかん。

そんなわけで、安い居酒屋しか行くことはできない。

 

そんな私が、飲みに行くお店は、決めてます。とある居酒屋sです。

(いわば居酒屋チェーンなので、「居酒屋s」と表現しました。以下、ご説明するお店は全て居酒屋sです)

 

IMG 2156

 

リーズナブルな居酒屋

 

そのお店は、グルメの人たちから言わせれば「安かろう悪かろう」と評価されるであろうお店です。

美味しいかどうかは、嗜好もあるし、一概に決まらないものではあります。

それと、チェーン系ということもあり、地元の旬のネタとか、「今日のおすすめ」みたいなメニューが乏しいのも、普通だったら魅力が落ちる点でしょう。

 

でも、私はこのお店に通い続けます。

 

 

IMG 1892

 

同期のあいつの意思を継いで

 

人付き合いが下手な私は、友だちがあまりいません。プライベートでも、仕事でも、です。

少ない分、深く。「狭く、深く」という感じでしょう。

 

私の会社の同期は、バブル期の入社ということもあり、他の年代に比較して少なくないです。

入社以来20年を超えますが、未だに知らない連中もいます。

 

でも、社交的な要素が少ない私にも、救いはいました。

同期のIです。

そのIがめっちゃ関係し、お世話になっていたのが、その居酒屋sでした。

 

 

同期Iが、病気のため、早逝しました。

 

私にとっては、ショックでした。

 

病気でしたから、同じ年齢の私にとって、不安要素いっぱい。

決して良好とは言えない健康診断の結果の持ち主である私には、年齢という超えられない壁を感じさせる出来事です。

 

しかも、同期とはいえ気軽に話ができる相手が少ない。思ったこと、感じたことをそのまま話せる(それがイコールストレス発散にもなるわけですが)相手がいなくなったこと。この出来事をどうとらえればいいのか。

 

もうあいつと話をすることはできない。

仕事のこと、病気のこと、加齢のこと、その他諸々のこと。

 

俺ができることは、あいつが同期の出世頭となって奮闘していたあのお店s。

細々ではあるが、あいつの、志半ばの想いに寄り添って、このお店に通い続けます。