iPhoneの文字入力をもう失敗しないぞ

iPhoneでQWERTYキーボード(フリック入力じゃない方、以下の画像のことです)を使ってる人はもしかしたら少数かもしれませんが、その少数の方々に向けて参考になれば、と思う記事です。

 

QWERTYキーボード
QWERTYキーボード

 

 

 

 

 

 

 

 

1.指を押したまますべらす術

 

このキーボードの状態では、ローマ字変換の文字入力です。
この状態から記号、たとえば「(です)」と入力するためには、

 

  1. 「123」と書かれたボタンをタップし、数字・記号のキーボードに変え「(」をタップ
  2. 「あいう」と書かれたボタンをタップし、QWERTYキーボードに切り替え、「です」と入力
  3. 「123」と書かれたボタンをタップし、数字・記号のキーボードに変え「)」をタップ

 

という流れとなります。

が、これではいちいちキーボードを切り替える必要があり、面倒。そこで、以下の方法により入力を簡潔にできます。

 

  1. 「123」と書かれたボタンを押したまま(ここでキーボードの表示が数字・記号のキーボードに変わる)、指を「(」ボタンまですべらせ、指を離す → これで「(」が入力され、キーボードがQWERTYキーボードに戻る
  2. 「です」と入力
  3. 「123」と書かれたボタンを押したまま、指を「)」ボタンまですべらせ、指を離す → これで「)」が入力され、キーボードがQWERTYキーボードに戻る

 

文字で表現するとわかりにくいのですが、指を押したまますべらすことでキーボードの切り替えが簡略化され、文字入力が速くできます。

初めて知った方はぜひお使いください。便利です。

 

 

 

2.ミスをなくす

この方法は便利なのですが、一方でミスを起こします。(私だけかな)

どういうミスかというと、指をタッチパネルから離さなければ切り替わらないはずのキーボードが、指をすべらせている間に、切り替わってしまうのです。つまり、a→b→cの流れと同じ操作になってしまうのです。

これはOSのバグなのか、私の指の操作が下手くそだからなのか、よくわかりません。

が、私なりにミスを起こさない方法を発見しました。

 

 

赤い線をイメージして指をすべらす
赤い線をイメージして指をすべらす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほど、α、γでご説明した「指をすべらす」操作の際、こころもち、指を上に上げ、次に右に動かす(上の図で、青矢印ではなく赤い矢印)ようにすると、キーボードが切り替わってしまうミスを減らすことができます。

動画を撮ってみたので、そちらも参考にどうぞ。

 

 

これは、私なりの発見・体験であって、正しい方法なのか、みなさんも同じようにミスが減るのかはわかりません。(それと、最近のiOSアップデートで解決されているかもしれません。)

が、試してみる価値はあると思います。